ソラアユム

アンブレラ・アカデミー シーズン1のソラアユムのレビュー・感想・評価

3.9
ヒーロー家族


特殊能力を持つヒーロー「アンブレラアカデミー」としてかつて活躍していた7人の兄弟達のその後を描くSFドラマ


面白い!…けど、後半のストーリー展開に難あり。確実に言えるのは、前半の5話は最高に素晴らしい出来だということ。

お話の推進力となるのは「世界の滅亡」
近い未来で起こる黙示録を防ぐ為に特殊能力を兼ね備えた兄弟達が力を合わせて奔走するというストーリー構造はどうしたって『HEROES』を連想しちゃいます。
ただ、雰囲気は全く異なっていて、シリアスな展開の中で流れるアップテンポな曲のサンプリングによるある種ファンタジックな魅力を持つ作品でした。

キャラクター造詣が何よりも秀逸。
全員が全員、人間的にチャーミングな愛すべきキャラクターでした。特にクラウスとファイブは最高ですね。彼らのやり取りはいつまでも見ていられる気がする。
チャチャとヘーゼルのポンコツ具合も最高で、憎めないヒール役にしっかりと仕上がっていました。

ただ、やはり気になるのは後半の展開なんですね。話数を重ねる毎にやがて「世界の滅亡」が現実味を帯びてくる。それに伴い、家族の秘密が次々に表面化してくるんですが、そのほとんどが秘密にしておくメリットよりもデメリットの方が遥かに大きいものばかりで、なんで今まで黙ってたんだと首を傾げたくなる。かなりまどろっこしいやり方なんですよね。謎を引っ張るのは全然良いんですが、ちょっと焦らし過ぎかもと思ったり。

あとは、海外ドラマの宿命なのかもしれないですが、続編ありきの終わり方に少しモヤモヤが残りました。「世界の滅亡」の原因がはっきりと分かっているので、引っ張るような話でもないと思うのですが…
何だかんだS2観る気満々なんですけどね笑