ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」に投稿された感想・評価

多部ちゃんの声がとにかく可愛らしくて耳に心地よくて、きれいな字と日本語で綴る手紙との相乗効果でとても良いドラマでした💌

代筆業というのも初めて知りました。素敵。
Tetsu

Tetsuの感想・評価

5.0
0
とても温かいドラマ。
忘れてる部分も多いけど原作にだいぶ忠実かな?はーちゃんの名前は違うけど権利問題があるんだろうな(笑)

代書だけど、気持ちを届けてるのは本人なんだね。ポッポはその心にできる限り近づき寄り添い、お手伝いをしてるだけなんだと思う。
第5話かな。「これは紛れもなくあなたの字」というシーンはとくにそれを表してる気がする。
すごく素敵な仕事だよなぁ。

ゆったり話が進んでいくからBGMとしても流せるドラマ。
綾香のコトノハは初めて聴いたけど、バッチリ!ツバキ文具店の良さをさらに引き出してくれてる。

原作も好きだけど、期待を裏切らない大好きな作品になりました。
chap

chapの感想・評価

4.3
0
ドラマ自体もう美術や音楽すべて芸術の域で魔法のように惹き込まれる。完成度がすごすぎる。NHKの傑作のひとつだと思う。
mami

mamiの感想・評価

4.2
0
小川糸の世界観が、鎌倉の町並みと共に描かれていて
見ていて癒された~
多部未華子ちゃん、ぴったりの役!
Nackey

Nackeyの感想・評価

4.5
0
話が進むにつれて面白くなっていきました。
この役は多部未華子でないと難しいかもしれない。周りの人達がみんな善人すぎて、ちょっと現実離れしてるかな。
うきしん

うきしんの感想・評価

4.3
0
原作を読んでから。
ドラマ仕立てにするために、展開とか設定とか少し違っていたり、オリジナルのシーンがあったりしたけれど。全てが原作の登場人物を汚すことなくむしろドラマの質を高めるようなものだったので見ていて胸が暖かくなった。
作者も制作陣も登場人物も役者も皆んなが温かいなという温度を感じれる素晴らしいドラマ。
QPちゃんという名前はNHKでアウトやったのね。
改めて多部未華子が好きになった。
しろちー

しろちーの感想・評価

5.0
0
小説と根本的なあたたかさは変わらないドラマだった。
アレンジされた部分も、ストーリーのよさが際立つような仕上がり。
コトノハがぴったりすぎて胸にしみた。
m

mの感想・評価

4.1
0
ストーリーがじんわり沁みる感じで良くて、鎌倉の雰囲気もよかった。
バーバラ夫人みたいな暮らししたいな。
kanegon69

kanegon69の感想・評価

4.5
0
小川糸さんの原作で感動し、ドラマも是非と観させていただきました。

若干ストーリーがアレンジされているものの、原作の持つ優しさあふれる情感がたっぷり表現されていたと思います。特にポッポちゃんこと、雨宮鳩子さんを演じた多部未華子さんの演技は素晴らしかったですね。そして先代の倍賞美津子さん、バーバラ婦人の江波杏子さんら女性陣がとても演技がこのドラマ全体を引き締めていたと思います。

ほかにも、奥田英二さんや高橋克典さん、上地雄輔などの男性陣も脇役スパイスとしてとてもドラマに厚みを加えていたと思います。

小説では分からなかった実際の貴重な文具、鏡文字、鎌倉のお寺など映像で見れてとても感動しました。

優しさと愛情に包まれた、とても心に沁みるいいドラマだったと思います。
yama

yamaの感想・評価

3.6
0
後から後からきます
後半は涙が落ちる感じでした。
亡くなった人と残された人。
後悔しない日はないけど、今あるものを大事に生きていかなければならないこと。愛されていたということ。自分が未熟で想像すらできなかった先代の気持ち。
手紙1つ1つのストーリーも奥が深くて、いいお話だと思いました。
この話を見て自分の母が泣いていたことを私は忘れない。私があの年になったときどういう風に見えるのかな。
決して面白い!とか悲しい!とかじゃないんだけど当たり前のことをっていうか、泣かせる為に作られた感はなくて、泣ける系物語とはまた違った泣ける話ですね、なんかしみじみくる、ジーンとくる、ほろっと涙が出る感じ、号泣では無くて
また見たいなあ。
>|

あなたにおすすめの記事