おーたむ

BULL/ブル 心を操る天才のおーたむのレビュー・感想・評価

BULL/ブル 心を操る天才(2016年製作のドラマ)
3.9
エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NYと並行して見ていたドラマその2。
そもそも法廷ドラマすらあんまり見たことなかった身ですが、そんな私でも、本作がちょっと変化球の法廷ものだということはわかりました。
実際に審理コンサルタントなんてことをやってる企業があるんですかね?
「陪審を獲得するための法廷戦術」を見るのはなかなか新鮮でした。

ただ、話は目新しくて牽引力がある反面、タイトルに名前を冠されている主人公は、あんまり魅力的じゃなかったです。
大抵この手の作品の主人公って不遜な自信家が多いんですが、ホームズとかキャッスルと違って、ブルってなんだかちょっと鼻につくんですよね。
なんつーか、かわいさが足りない感じ。
とはいえブルがそんなだから、チームの他の面々の魅力が、ぐぐっと引き立ってくるわけですけども。
そこらへんは良し悪しですかね。

ま、作品トータルで見れば、普通に眺めてられるぐらいには面白かったです。
ちょっと変わった法廷ものが見たい人にはぴったりの作品じゃないでしょうか。