山女日記〜山フェスに行こう/アルプスの女王〜のドラマ情報・感想・評価

山女日記〜山フェスに行こう/アルプスの女王〜2017年製作のドラマ)

製作国:

3.4

「山女日記〜山フェスに行こう/アルプスの女王〜」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.3
0
1人前に成長した登山ガイドの立花柚月(工藤夕貴)はWEBサイト「山女日記」に投稿する孤独な女性たちに、「山フェスで山トモを見つけませんか」と誘う。フェスに単独で来た西真奈美(黒谷友香)と熊田結衣は意気投合し、“北アルプスの女王”と呼ばれる燕岳のツアーに参加。そこに還暦を過ぎた父とアラサーの息子やガイドの木嶋(黄川田将也)にほれた女も加わり、柚月はさまざまな人間模様に遭遇する。そんな折、柚月自身も木嶋から思わぬ発言を聞いて・・・。
湊かなえの「カラフェスに行こう」を元にした「山女日記」続編。
人付き合いが受け身で登山仲間を探すため登山ツアーに参加した西真奈美(黒谷友香)、WEBサイト「山女日記」の愛好者で悩みを抱えている熊田結衣(舞羽美海)、父親にコンプレックスを持つ中野一樹、登山好きの妻のため秘密を抱えて登山に参加した中野義男(利重剛)ら人生の岐路に立つ人々そして柚月と柚月に片思いする木嶋の仲が、登山の中で一歩踏み出すまでの心情が丁寧に描いていて、テーマである「登山を通して足の置きどころを自分で選ぶ生き方に目覚めていく」ヒューマンドラマが濃い続編。