64(ロクヨン)のドラマ情報・感想・評価

「64(ロクヨン)」に投稿された感想・評価

廣野

廣野の感想・評価

5.0
0
満場一致で映画よりドラマ派だと思います。

ピエール瀧の不祥事は本当に本当にもったいない。泣きのシーンは2回とももらい泣きしました。

音楽、演出、脚本、俳優などは『ハゲタカ』と並ぶくらいに素晴らしかったです。
丁寧なのに、しつこくない。結果だけ見せたいところはサラッと、登場人物の感情が入るところは時間をかけて。台詞で全てを説明してこないところが好きです。

数年ごとに定期的に観るであろうドラマです。
ふぁぶ

ふぁぶの感想・評価

4.4
0
名作
64シリーズは映画、小説見たがNHKドラマが1番だっただけに出演者の不祥事が本当に残念
chuchuyama

chuchuyamaの感想・評価

3.8
0
NHKで全5回で放送されたドラマ、やっとこさ観た。横山秀夫の原作の面白さを見事にドラマ化。原作の主人公のイメージ通りのピエール瀧の演技が素晴らしい。㊗️「全裸監督 シーズン2」続投。
剛太郎

剛太郎の感想・評価

4.2
0
面白かった❗事件もの苦手なのでかなり保留してたけど 見て良かった
1話目は重たい空気の中昭和と平成が交錯するし 登場人物も多いので気が抜けないのだが 2話以降の展開に目が離せなくなります 警察のミス隠し縦社会の理不尽さ 馬鹿馬鹿しさ 厳しさその中で事件の被害者と誠実に向き合うこと 父親としての愛情や後悔や様々な葛藤を抱える広報官三上をピエール瀧が好演していて凄い❗ ストーリーは最初からクライマックスまで緊張感が途切れることなく 物語に引き込まれる 雨宮の執念や幸田の何処までも事実を曲げることのできない 強さと切なさ 日吉の辛さも 本人の行動を見せるシーンは少ないのに とても心に迫ってくる すり減ったダイヤルボタンや 雨宮のインクで黒くなった指など言葉ではなく影像の力を感じる
夫婦の会話も言葉は少ないがふたりの信頼関係 愛情が伝わります 昭和時代の匂いも再現されていたとおもう
NHKのドラマ力半端ない‼️
jun

junの感想・評価

5.0
0
ピエールさんの演技は素晴らしい!
人間的に強くなってまた俳優やって欲しい
テロリ

テロリの感想・評価

5.0
0
本作を超える連続ドラマには2度と出会えないんじゃないかと思う。本編はもちろん、次回予告の映像までもが大変素晴らしく、心を奪われます。「映像の世紀」以来、久しぶりにNHKの底力を感じました。

子供の誘拐事件を扱っているので内容が暗いのは当然なんだけど、画面もものすごく暗いし音楽もほとんどなし、役者の話すトーンも暗くてこれ以上ないくらい重苦しいのに、どんどんどんどん引き込まれていく。近年のドラマにはない重厚感に完全にやられました。

主演のピエール瀧はじめ、段田安則さん、柴田恭平さんなど地味目なキャスティングが素晴らしい。撮影も編集もかなり攻めてると思います。ただ数字的には大失敗だったようで…。

映画版の方は失敗できないのであのような豪華キャストに。映画版も鑑賞しましたが、わざとらしくて油っこくてとてもガッカリしました。興行的に仕方ないと思いますが、映画ってなんだろうと考えてしまいます。

ちなみにピエール瀧だけじゃなく新井浩史もいい役で出ていたので再放送などは望めないでしょう。見る手段が限られますが、硬派な刑事ドラマが見たい人には強くおすすめします。
小福

小福の感想・評価

4.2
0
NHKが作ったとは思えないレベルの高さで衝撃を受けた。更にピエール瀧井の演技に惹かれたきっかけのドラマ
MRFOX

MRFOXの感想・評価

5.0
0
NHKの本気。傑作。
「物体」としてのピエール瀧の存在感。
後半、「ん?」と思うところも正直あるが、ラストの押しボタンの擦り減った公衆電話のビジュアルに鳥肌立った。
上海十月

上海十月の感想・評価

4.0
0
2017年の感想。佐藤浩市のもったいぶった演技に辟易していてからこの作品を観るとピエール瀧で映画版も作ればいいのにと個人的に思いますね。とにかくピエール瀧の顔がいい。広報官という設定が面白い。原作の出来がいいのだろう。いかにテレビとして逸脱できるかという点だろう。高圧電線が割りとモチーフに使われており印象的だ。話としては、前半かなり面白いが後半減速するのは、後半に発生する犯罪と謎解きが、うーんそうか???というのが拭えないのが原因だろう。役者陣は、頑張っていて映画版を超えている気がする。2019年に捕まるとわね。
mgz

mgzの感想・評価

5.0
0
今まで見てきたテレビドラマで最高の出来栄え。
ピエール瀧、もったいないよ。
>|

あなたにおすすめの記事