東京センチメンタルのドラマ情報・感想・評価

「東京センチメンタル」に投稿された感想・評価

JIN

JINの感想・評価

3.0
0
寅さん+ちょろっとグルメ、みたいな感じ。

(最終回)
吉田鋼太郎演じる老舗和菓子屋職人の久留里卓三が、毎回女性と下町デートをしてその気になっては結局最後にはイイ人で終わってフラれるという、まあ寅さんみたいな感じ。
それでもオッサンでもこんな美女達とデートでときめいたりできるんだと思えば夢がある(笑)
む

むの感想・評価

-
0
ゆる〜〜いかんじがたまらないんですよだいすき 私の街にもきてほしい
まりも

まりもの感想・評価

3.3
0
惚れっぽい吉田さんが、毎回ヒロインに恋しては失恋していくドラマ。
おっさんが主人公というだけで、なんか惹かれます。もう若い男女の恋物語には、そんなに興味が持てなくて。勝手にやってくれ。(笑)
ゆう

ゆうの感想・評価

3.3
0
吉田鋼太郎さんだからできる役。
でも長くて7話くらいで見るのやめちゃった。
途中ダレる。
第1話がいい。撮影とか演技とか脚本のバランスがいい。

キャスティングもバッチリハマってて好き。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.8
0
東京・言問橋の老舗和菓子屋『くるりや』の倅として生まれた久留里卓三(吉田鋼太郎)は生まれも育ちも東京。昔気質の二代目の父に厳しい教育を施され、店の看板である団子を作る職人としては父を越えるほどの技量を身につけているが、私生活では離婚歴がありバツ3の、女性に対しては“ちょこっとだらしない”男。55歳になった今も、自由気ままな日々を送っている。趣味は、幼いころ父に買ってもらった年代物の一眼レフカメラを持って町を散策すること。いつかは変わりゆくであろう古き良き東京の風景をシャッターに収めている。そんな日々の中、卓三は心惹かれる女性に出会うのだった。淡い恋心を抱きながら、女性と過ごす一時。美味い酒や料理を前に語り合う二人。果たして卓三の恋心は成就するのか…?
[マドンナ] 
第1話◆草刈民代(山村里美)、第2話◆市川由衣(明美)、第3話◆川栄李奈(羽田なつみ)、第4話◆奥貫薫(古沢ひとみ)、他
吉田剛太郎さんは、自他共に認めるモテ男だが、そういう吉田剛太郎さんがどういう風に女性と接し口説くのか見たいというところから企画したんじゃないかという連続ドラマ。吉田剛太郎さん演じる卓三が毎回カメラで撮す下町の風景、卓三と美女が楽しむ美味しい料理、楽しい語らい、まるで吉田剛太郎さんのデートを密着しているかのような感じのドキドキ感、女性と接している吉田剛太郎さんのチャーミングなロマンチストぶりを愛でる連続ドラマ。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.0
0
毎回ヒロインと東京のあちこちを巡るというストーリーなのですが、ちょっとその東京の知識がちょいと薄くてですね。しかも和菓子屋さんなのに仕事全くしてないよねw 雰囲気夜ドラマです。