daiyuuki

キューティーハニーTHE LIVEのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

キューティーハニーTHE LIVE(2007年製作のドラマ)
4.6
白薔薇学園に通う高校2年生・如月ハニー(原幹恵)は自らがアンドロイドの身分を隠し、普通の女子高生として人間の生活を送っている。私立探偵の早見青児(山本匠馬)と一緒に謎の秘密結社・パンサークローと戦う。その間、ハニーはシスター・ミキこと早乙女ミキ(水崎綾女)とシスター・ユキこと剣持ユキ(竹田真恋人)と出会ったが、パンサークローと数回の激突の後で知り合い親交を深める。新章突入では、3人のハニーの身分を明かし、それぞれの心に変化が表れ始め、秘められた過去や如月博士など多くの謎が解き明かされていく。そしてパンサークローの野望とハニーたちの残酷な運命が展開する。
永井豪の漫画「キューティー・ハニー」を元にオリジナル設定を盛り込んだ特撮アクションドラマ。
キューティー・ハニーが、パンサークローの悪事に立ち向かうのは今までの作品と同じだが、いくつかオリジナル設定が盛り込んでいる。
一つは、如月博士が開発した空中元素固定装置を内蔵したアンドロイド・キューティーハニーが3人いること。性格も戦い方も違う3人のキューティーハニーがせめぎ合い、交流する中で、如月博士とキューティーハニーの因縁が明らかにされていく。
2つ目は、パンサークローが今までより現実的な犯罪組織になっていくこと。
3つ目は、キューティーハニーが弱いこと。
最初のうちは、如月ハニーとしての優しさが災いして強さを発揮出来なかったキューティーハニーが、早見たちの協力やシスター・ミキやシスター・ユキとの交流の中で強くなって、真のキューティーハニーに成長していくヒーローの成長譚。如月ハニーとミキやユキの同じ能力を持った者同士の友情、孤独に生きてきたミキやユキが、如月ハニーとの交流の中で本当の愛を知る青春模様。グラマーなボディを生かしたお色気的な要素を生かしたヒーロー的な戦いをする如月ハニー、立ち技を主体にした格闘アクションが得意なシスター・ミキ、太極拳などの要素を生かした優美な戦い方が得意なシスター・ユキ、戦い方の個性を生かした本格的な格闘アクション。
レズビアンでサディストでミキに異常な執着する鳥川(エリカ)、金儲けに異常な執念を燃やし勝手に条例を作り住民を支配する田中夫妻、冷静沈着でギャンブル好きで多重人格の中条、ダンディで細かいこだわりがあってパンサークロー幹部では最強の身体能力を持ったデューク渡と、キャラ立ちした悪役の魅力。
キューティーハニーの実写版では一番キューティーハニーの魅力が出ている特撮アクションドラマ。