daiyuuki

結婚できない男のdaiyuukiのレビュー・感想・評価

結婚できない男(2006年製作のドラマ)
4.7
主人公・桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築家、その能力は評価され、仕事も多く人並み以上の収入もあるが、性格的には偏屈で独善的、そして皮肉屋。
女性を引き寄せる魅力もありながら、実際に付き合ってみると女性は彼のキャラに辟易し、すぐに彼の元を去ってしまう。
そんなことが何度も続くうちに信介は恋愛も結婚も必要ないと思うようになり、持ち前の論理性で恋愛や結婚の無意味さについて理論武装しことあるごとにその主張を繰り返すために、ますます寄り付く女性は少なくなってしまった。
そんなある日、信介は一人の女性、早坂夏美(夏川結衣)と出会う。
医者である夏美は信介をすぐに否定せず、かといって肯定もせず淡々と向き合う。
それまで信介が出会ったことがなかったタイプの夏美のことが 気になって仕方がなくなってしまう。
果たして二人は結婚できるのか・・・。
このドラマのキモは、阿部寛演じる桑野信介にある。ルックスが良く、背が高く、高収入ないわゆる三高なのに、屁理屈で理論武装して蘊蓄を語りたがりポリシーにこだわるため、他人と上手くやれないけど、隣人のみちるがストーカーに付き纏われた時はストーカーに「彼女に関わるな」と強く言って撃退したりなど仕事仲間や友人には優しい面もあり、偏屈だけど愛される魅力がある桑野を、愚直に演じる阿部寛の演技が見事にハマり、コメディ演技を開拓した代表作になった。
偏屈男の桑野が、隣人のみちるや女医の早坂夏美と関わる中で少しずつ人間嫌いが変わっていく成長、桑野と夏美のテンポの良い掛け合いが絶妙で、ハリウッドのスクリューボールコメディ映画のような面白さがあるコメディドラマ。
高島礼子演じる桑野の仕事仲間などクセのあるキャラクターとのアンサンブルも、ユニーク。