Picnic at Hanging Rock(原題)のドラマ情報・感想・評価

「Picnic at Hanging Rock(原題)」に投稿された感想・評価

とまと

とまとの感想・評価

3.5
0
うわあああ!めっちゃ見入った!
全6話のオーストラリアのドラマで、少女失踪事件の小説をドラマ化したもの。
映画の方が有名なんかな?

もうビジュアルが良すぎて、、、。
綺麗で儚くて気怠くて危ない感じ。
ピクニックのシーンとか印象派の絵画みたいだった〜
ストーリーはぜんっぜん進まなくて色んな登場人物にもイライラさせられるけど世界観と映像が良くて最後まで見れた。
特に衣装!!!!!
みんな同じ水色の服に見えてみんなデザインが違ったり、先生達は斬新な柄と色合わせだったり、フリルと帽子が素敵すぎる。
肝心の失踪事件は謎が多い感じでスッキリしないけど、もやもや系好きなんでOKでした。
りんりん

りんりんの感想・評価

3.6
0
ドラマ見終わった後に映画版も見たけど、ドラマの方が良かったと思った。

ドラマ版は変にディテールを増やしてると思われがちかもしれないけど、想像力を掻き立てるから良き。

ドリーミングの概念に夢中。
Emma

Emmaの感想・評価

3.0
0
結局なんかよくわからないまま…
モヤっと。

女の子はみんな美しくて見惚れました!
かずや

かずやの感想・評価

3.9
0

このレビューはネタバレを含みます

女性に抑圧を迫る"古き良き伝統的な"価値観。
校長を含め学校のみんなは、その抑圧から自由になりたがっている。
しかし、抑圧される者(校長やその他の先生)が、女学生たちをさらに抑圧してしまうというアンビバレントさ。
校長は、女性を押さえつける旧来的な価値観から逃れるために自身の学校を作ったはずなのに。。。

過去の回想では、登場人物たちが受ける抑圧をじっくりと描かれてる。体罰という名の暴力による抑圧、性的抑圧。

ある者は抑圧から逃れようと徹底的に抗いもがき、ある者は抑圧に取り込まれて死んでしまう。

主人公たちが、彼女たちを文字通りに圧迫するコルセットや肌の露出ゼロの抑圧的な衣装を脱ぎ捨てるラストは、解放と自由を感じさせ清々しい。

美少女ばかりで眼福だが、そのような旧来的な視線に対しても指を刺されているような気分にもなる。

映画版(『トゥルーマン・ショー』、『いまを生きる』のピーター・ウィアー監督!)も観たい。
paluchan4

paluchan4の感想・評価

-
0
U-NEXTの見放題にて。最後何とも言えない終わり方で、俗に言う 胸糞だけど、そこがいい。あのラストは印象に残る。映像 衣装 キャスト 背景 全てが完璧。校長役のナタリードーマーがハンサムすぎる。“不屈の精神”は誰にでもある。
223cosmic

223cosmicの感想・評価

3.0
0
世界観がとっても素敵だけどストーリーは退屈
バージンスーサイズ的な
azuki

azukiの感想・評価

-
0
映画版も特に好きという訳ではないが、神格化すらされている少女性を上手く表現できていた。ドラマは方向性もよく分からない上に、人選も微妙で、色々と残念。サスペンスとフェミニズムのどちらにも目配せしているけど、どちらも中途半端以下。
花嫁学校やらコルセットを脱ぎ捨てるやら。2018年時点でまだそこから何か伝えようというのも既に的外れでしかない。
キーパーソンなのに、ミランダが全く好きになる要素ないのも致命的。周りの人が彼女をどこまでも自由なのよ〜と言われても説得力なくて失笑。勝手にパーティを抜け出して猥褻されかけて半泣きべそかいて校長に尻拭いさせる人物から自由な精神を感じろと言われても無理がある。ピクニックの日に生理きた子がもたもたしているのをみんなで侮蔑的な態度で接するのも許せなくて気分が悪くなった。
いくら尺を伸ばしたいからといって、スローモーションに頼りすぎなのでは。不必要な思わせぶりが多すぎる。しかも変に肉付けしようと校長の過去を付け加えた割には全然興味唆らなくてこれもまた中途半端。最後は全て丸投げ。原作の神秘性を出そうとしているかどうかは分からないけど、だとしたら失敗してる。最初の掴みが悪くなかったけど、途中から製作側も何をしたかったのか見失った気がする。これではドラマにした意味ないよね、新しい切り口でもなければ、映画から何かしら中身を掘り下げられているわけではないし、話としても全く広げられなかったから。
sae

saeの感想・評価

3.1
0
映画版は知ってたけどドラマ化されてたなんて!幻想的でふわふわしてた映画よりサスペンス要素が多く、現代的にリメイクされていた。彼女たちが岩山に登り、コルセットを脱ぎ捨て、自由になる姿は美しかった。
真っ白なドレスを纏う少女たち、止まった時計、薔薇の花びらでたてた誓い。謎は謎のまま、真相は彼女たちと共に岩山に消えていく。
Kyaoryy

Kyaoryyの感想・評価

3.9
0
この時期になぜか調べてしまう話。
2018年にドラマがリメイクされていた。
映画と違う描写に、そっか。そうだったのかも。と思う。
とにかく描写や女性たち、装飾品が美しい。
V

Vの感想・評価

3.0
0
もう一度見返したい。

何もかも知識が足りないまま見てしまった。
きっと今見たら違う視点から考えられる
>|