HANNIBAL/ハンニバル3のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「HANNIBAL/ハンニバル3」に投稿された感想・評価

ヒデオウ

ヒデオウの感想・評価

3.7
0
マッツ版ハンニバル完走
前シーズンより
個人的には
トーンダウンしたかなぁ…

シーズン1,2のアメリカ舞台から
国外逃亡してイタリアに移ります
レクター博士とイタリアの風景は
優雅にベストマッチ
1話目のライダースーツ姿なんて
何ぞコレっ!と言いたくなるほど
イケてます

シーズン半ばでレクター博士投降
精神異常という事で病院に収容
収容されていても
外の世界への影響力はあります
レクター博士に代わり
レッドドラゴンの登場

だがしかし
トーンダウン要素が
レクター博士はスーツ姿じゃないと…
直立不動の立ち姿が多いので
動くレクター博士シーンが少ない…
sexy調理シーンも後半は無し…
レクター博士とウィル(FBI捜査官)の
対立や協力関係がキモなのに
レッドドラゴンに焦点がいった点…

レクター×ウィルのBLさながらの
奇妙な相思相愛
最後は色々と含ませ気味で終了
映画シリーズもチェックしていきマッツ!

ドラマシリーズは完走まで
時間かかるので取っ付きにくいけど
観てないと何か寂しいし
チョロチョロ楽しんでいきたいので
次はどのドラマを
観ようかなぁ…
ねみん

ねみんの感想・評価

4.1
0
最後はとても魅入られました。
怒涛のラッシュで映画の内容も踏まえながらオリジナルがとても良かった
今は余韻に浸りながらもっかいシーズン1から見直してみますw
グロが大丈夫な方見るべき!
K

Kの感想・評価

3.7
0

このレビューはネタバレを含みます

ウィルに巨大なハート(人間の剥き身)送ってくる博士普通に迷惑すぎる
そしてまんざらでもないウィル マジかよ…
ネチャネチャのBLを見せられたんか?と思ったがラストがめっちゃ最高だった
レッドドラゴンのリメイクはこれはこれで良かった
そしてチルトンが不死身すぎる

このレビューはネタバレを含みます

やっと見終わったー!!
ご無沙汰過ぎて忘れてた事たくさんあった!
やっぱりアビゲイルかわいい〜
チルトンはなんだか気の毒だったな
そういえばアンブレラアカデミーのロケ地っぽいのあった。
最後2人の死体がなかったのでs4やるなら、どんな展開にでもできそうだけど、ウィルは出血量的に死ぬやつだよ〜〜
manicure

manicureの感想・評価

3.5
0
シーズン2からだいぶ怪しかったが、今回は最強のBLホラーになりきれたね。色々な意味で濃いフィナーレだったのに、こんな急にキャンセルされちゃって残念。確かに前シーズンよりは少しレベルが下がってきていたが、もう少し続きが見たかった。トータル的にいいシーズンだったと思うが、テンポ感がかなり不安定だった。前半のフィレンツェではかなりダラダラしていて、中番ではド派手に盛り上がって、後半のレッドドラゴンでまた落ちてしまった。そしてキャラを生き返らせ過ぎじゃない?もう誰が打たれようが・刺されようが・焼かれようが・食いちぎられようが、どうせ死なないだろうな!と軽く流せるようになってくる(苦笑)
それでもおすすめ!
rm

rmの感想・評価

4.3
0
ハンニバルのウィルへの愛情がでかすぎて…。3シーズン全て二人の愛の物語だった…。
ファイナルシーズンは毎話映画みたいな展開。
もうチルトンがすごい可哀想だったし髪が短くなってお洒落なパンツスーツ着たアラーナもめっちゃかっこよかった…。
シーズン1から全編あまり音楽ないのに死体写るシーンとかの気味悪い不協和音みたいな音楽が雰囲気作っててすごいなって思った。
アビゲイルや鑑識の2人やべデリアたちシーズン1から出てるキャラクター達を途中で雑に切ったりしない所も好感度大。
何よりウィルとハンニバルの関係がめちゃくちゃ痺れるドラマでした。
ぜろ

ぜろの感想・評価

-
0
過去ツイートを掲載。
----

『ハンニバル』もs3になりましたが、s1では必ず死と食事が場面として分断されていたのが、s2から徐々に食卓が殺しの場になっていっているのがレクター博士の変化を表しているようでおもしろい。
死と食事が同居しているというのは、つまり食卓そのものである、とも考えられる 食事とは本来グロテスクなもの。
しかし『羊たちの沈黙』に出てきたアンソニーホプキンスはあのマスクがあるから内外共に「モンスター」っぽい印象が強かったけど、マッツハンニバルはなかなかマスクをつけさせないあたりあのスーツは皮なのだななどと思う。
アラーナもウィルもジャックも、みな「あちら側」に近づくと、自分の中身を隠すためにハンニバルのようにファッショナブルになっていく。
『ハンニバル』に出てくる断片化された身体は、形としては華やかに飾り立てられているけど、飾られているのは言わば「残り物」なのでそれ自体にはあまり意味はなく、博士が持って帰るのは主に「中身(臓器)」なのが空虚でよい。見た目よりも中身に興味がある。
見た目よりも中身(臓器やその味)に興味がある異常さを隠すために、見た目(スーツや調度品、臓器以外の遺体)を派手に飾って注意をそちらに向けようとする、とけっこうわかりやすい。博士がウィルにあんなにも惹かれているのは、たぶんウィルが潜在的に人の中身に共鳴/同調する人物だからなのだと思う。
第一話でマッツを特に意味もなくバイクにまたがらせたのは、絶対ただマッツがバイクにまたがる画が撮りたかっただけですよね?
それっきり一回もなかった
べべ

べべの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

愛憎の域を優に超え、もはや神聖にも見える2人の関係性にひれ伏してしまった…ただただ切なく美しい。S1S2にかけての優雅な殺しから髪を乱し血みどろになるまでの様相の変化や、ウィルを見つめる緩んだ口元や瞳、どこまでも品があり飄々としていて最高でした、ハンニバルレクター。一言で表すととてつもなくえっち。

レッドドラゴンを観たのちドラマS3E8に戻ったけどウィルの登場が映画版は夏、ドラマは冬、フレディラウンズも、映画では男で死ぬ、ドラマでは女で生きている、ジャッククロフォードも映画では白人、ドラマでは黒人、というように表裏というか対の関係性になっているの面白い。こっちのメイスンヴァージャーもドラマでは結局死んだし。アナザーワールドみを強めてるな〜と思った。ドラマだからこそ描ける細かい心理描写が、2人の関係性の奥ゆかしさを創り出していたんだなぁと、、素晴らしかった。
かずあき

かずあきの感想・評価

3.9
0
視聴率の低下や違法ダウンロードしたどっかのバカのせいで打ち切りになったのは残念でならない
>|