北条時宗のドラマ情報・感想・評価

『北条時宗』に投稿された感想・評価

大河ドラマの総集編。Civ6の北条時宗のキャラクターデザインはこのドラマが参考になったと言われている。
2001年の作品だが映像が綺麗。この時珍しいハイビジョン画質とはいえ予想以上だった。歴史考証は分からないが蒙古側の衣装と舞台が迫力ある。海外ロケといい金がかかっている匂いがする。金がかかったドラマは良いものだ。

とりあえず前半を視聴。後半は見てからまた書きます。

追記
後半よかった。オリジナル展開で死んだ肉親が生きてるとは思わなかった。そこは少し冷める。
モンゴル関係は総じてよかった。歴史考証は分からないが、壮大で力が入っていた。

前半後半、総じてよかった。一つあるとすれば2回ではなく4回ぐらいで総集編をまとめて欲しかった。2回では全てが唐突で無理があると思う。
Rinda

Rindaの感想・評価

-
0
総集編。
OPが印象的

鎌倉中期

横山光輝みたい

太平記、草燃える、鎌倉殿のあとに改めて見ると解像度が上がってすごく面白かった
総集編ではなくじっくりと見てみたい
U

Uの感想・評価

3.5
0
ちっちゃい時観た
フィクションだけど、昔日本にこんな人が居たんだって思いながら観てると凄い感動した様に思った
上海十月

上海十月の感想・評価

2.8
0
当時放送時、蒙古襲来だけ見てダンカンのシーンが面白かったと。総集編でも残されてる。和泉元彌は、頑張ってるけど話がいろんな人に右往左往するので、物語の主人公にするには北条時宗は、辛いかもしれない。ただ蒙古襲来を映像化したのは大河じゃないとできないね。
2000年代の大河の中でかなり面白かったと記憶に残っている。と思ったら井上由美子さん脚本ということで納得。

渡辺謙さんのオーラヤバかった。
時宗といっしょにおののいた。
大河ドラマとしては、意欲的な取り組みであったと思う。

しかし、従来スポットをあてる機会のない人物を描いたことや、元寇に対する当時における最新の知見を取り入れた部分など、個人的にはよかった作品。

あなたにおすすめの記事