ブレイキング・バッド SEASON 1のネタバレ・内容・結末

「ブレイキング・バッド SEASON 1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

面白すぎるポイント

●白ブリーフのおじさんからお話が始まる

●クレイジーエイトとの息詰まるやりとり。分かりあえたと思った矢先に黄色いお皿の破片が足りないと分かったときの絶望感!死体をどうしたのかが気になるところ。

●メスを作る以外の悪いことはしない、と言いつつジェシーがボコボコにされるとブチ切れてティコの事務所を破壊するウォルター

●エリオットがパーティーでプレゼント披露を始めると「8歳の子供みたい」とけなしてたのに、自分のベビーシャワーの時にはプレゼント披露してニコニコのスカイラー

●ティコ、本当にヤバい人にしか見えない。スタッフとか殴ってんじゃないの?と思っちゃう迫真の演技

●どう見てもウォルター=良い人、ジェシー=小悪党、なのに徐々に逆転していく様子
余命宣告を受けた化学教師が、残された家族の為にお金を残そうと…

正直、これといって面白い場面、興奮するようなシーンは無いが、今後盛り上がることに期待。

ウォルターが髪を刈った途端、悪人顔に見えたのは驚き!
自分へのメモ
真面目な教師が麻薬王になっていくドラマ。最初はまあまあかなって感じで観ていた。
全部が全部、嫌な雰囲気なんだよな。

ゲースロみたいに壮大で、魂が奮い立つような高潔さはなく、ただただ小市民の、鬱々とした現実。

大学時代の友達は今や大企業のCEO、本物のセレブ。
かたや自分は金も地位も余命もない、パーティーに着て行く洒落た服もない。
あのシーン、ホワイト夫妻の浮き方すごかった。一目で違う人種だってわかる。

「今までの人生で何一つ自分で選択してない」は酷すぎるよね。
結婚は…?
子供を作ったことは…?
全て汝の意思では…???

ウォルターはなんでスカイラーみたいな女と結婚したのかと思うけど、ウォルターもなかなか拗れてる人なので、似た者夫婦ということなのかも。
そういうところもリアルに嫌。

でもハンク、ハンクはあんなにマッチョな思考だけれども一番の常識人。そして愛がある。
1回目に見た時は、主人公ウォルターと正反対のホモソーシャル代表のようなキャラクターが見ていて受け付けないと思っていたけど、2回目は、見れば見るほどまとも。
いやハンクこそ何故マリーと結婚してる?
あんなクソ女のどこに魅力が…?

ハンク苦労人だよね、仕事も優秀でマッチョで心身ともに強くて悩みなんかなさそうに見えるけど、妻は万引き依存症で義兄は末期癌、実の子のように可愛がってる甥は足が不自由。
その強さで誰よりも気をかけて、誰よりも優しい。
ハンク、良い人すぎてセカンドシーズン以降死なないか心配。

ジェシーはバカじゃない。
賢い子。
職人気質で丹精込めて作ったメスを「こんなんじゃ客は満足しねぇ!」ってぶん投げてたのめっちゃウケた。
ジェシー推せる。
幸せになってね…!

さて続き見よっと。
主人公は冴えない科学教師だけど天才ってのがいいね。
面白いけど、趣味では無いな。
誰に聞いても面白いと言うし、Netflixで見るべきおすすめ○○選とかでも必ず上位ランクインしてたから、とりあえず1話だけ1年前に見て、そこまで引き込まれなかったので放置してたけど、改めてまた人に勧められたので鑑賞。

あっという間にシーズン1が終わったけど、crazy8と仲良くなってきたと思ったのに、お皿の破片がなくなっててショックをうけるウォルターのシーンは良かったなぁ〜

化学の力ってすごい、、、!
途中まで面白い。最後の方は主人公にイライラして観るのがキツくなってくる。
スピンオフが観たかったので無理して観た。
ジェシーがずっと可哀想
ブラックはブラックでも、より洗練された漆黒。
なんてシリアスで重厚なブラックコメディなのか

設定・物語・台詞
そのどれもに深みにハマってしまったら
抜け出せない皮肉が込められている。

1. 肺ガンだと言い出せないまま50歳の祝福
2. 家族のために金を残そうとマリワナを作り出
 すが、その金を治療に充てなければならない
3. 家族全員でトランプをする光景と台詞が、悪
 事を働いてるウォルターの背景を象徴させる
(そもそも、義弟がDEA捜査官て。笑)
4. 産まれてくる娘へのプレゼントが、妹が盗ん
 だ商品だと気づく。

なんともまぁ、いたたまれないし
心の底から祝えない。

どちらかと言えばエンタメ作だと思って
観始めたが、骨太のヒューマンドラマ。

勿論、エンタメも抜けてはいないし
肺ガンを患っている演技も含め、
悪事を働いている様に共感できてしまい
挙句、ウォルターという人柄がどこに行き着くのか目が離せない上に胸が躍る。

ともかく、家族(愛)の為に金(欲)を欲しているのだから許してしまうんだろう。

今後、どのような展望に至るのか...
2回目の鑑賞
どんどん面白くなるのが好き!

ウォルターは障害者の息子とこれから生まれてくる子供のために科学の教師+洗車場で働いているけどガンになってしまった

義理の弟が麻取で逮捕の見学をすることに
でもかつての教え子ジェシーが逃げ延びてるのを発見
お互いに目も合ってしまうし
ウォルターはお金がほしいから
ジェシーと共にメスを製造して売ることに

ウォルターは奥さんに治療だとか嘘ついて
ジェシーと一緒にメス作り。


ちまちま売ってるより、ひとまとめに売ろうってなってトゥコと契約
1話の出来が本当に最高。
その後もカメラワークがお洒落だし、魅力的なワル達と他人事として切り捨てられないウォルターの絶妙なキャラクターで一気見してしまった。

おっさんがパンツ一丁でクソッと悪態つきながら火消ししてるの面白すぎ。
>|

あなたにおすすめの記事