昭和元禄落語心中のネタバレ・内容・結末

昭和元禄落語心中2018年製作のドラマ)

公開日: 2018年10月12日

製作国:

4.1

「昭和元禄落語心中」に投稿されたネタバレ・内容・結末

本当に素敵な作品で、漫画、アニメ、ドラマと観させて頂きました。

どの媒体も観ないと損だと思う出来栄えで、堪能しました。

今回はNHKさんのドラマでしたから特に戦前戦後の描写が凄まじいリアリティを持っており、演者さんのそれぞれの役の入れ込み方にも感服しました。

全話涙なしには終わらない迫真の演技で、特に亀屋旅館の夜の話は号泣でした。

この作品の主要登場人物を演じた方の演技はこれからも気になりますし、お栄さんの演技は出番が少ない中でも印象に残る完璧なお栄さんでした。

どの媒体で観ても共通認識として強く印象付いたのは「八代目有楽亭八雲は色っぽく美しい」でした。
主題歌目当てで見始めたけどほんとにすき!!この後アニメ見たくらい!!
ドラマにありがちなコメディーに倒れるわけでもなく、誰かが死んでミステリーになる訳でもないし、ちょっと暗めの話だけど本当に引き込まれる不思議なドラマ。
山崎育三郎くんも大政絢ちゃんもそうだけど何より岡田将生くんの演技力😭
感動されっぱなしだったけど特に助六とみよ吉が死んでしまう場面では号泣しました😭
受験終わったら漫画全巻買いたい。(真顔)
第1話、何となくむずむずする演技とかセットと背景に落ち着かなくて観続けられるか心配だったのだけど・・・第2話。若い菊さん最高か。入門の頃の初太郎が元気でかわいい。そして猫からも目を離せない。

菊比古から8代目になり、変わっていく顔や手の皮膚の様が気になってじーっと見てしまう。
10話にどうやってまとめるのかなって思って観ていたけど、最後まで面白かった。
樋口が居なくてもしっかり進むし、庭には桜の木があるし、これも良い終わり方。

石田さんとの八雲W対談も面白かった。