勝ったのは農民ださんの映画レビュー・感想・評価

勝ったのは農民だ

勝ったのは農民だ

観た映画の備忘録としても活用しています。
仕事第一ですが、休日は映画を観る機会があるので、面白い作品があるなら、教えてください。

映画(135)
ドラマ(0)

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

評判の高さも納得の、傑作と言って良いと思います。

それにしても皮肉な話です。
「ボタンのかけ違いが悲劇を生む」ってストーリーの映画はよくあると思いますが、そのなかでも今作はかなり完成度の高い作品だと
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.4

ストップモーションアニメ映画を見るのは今作が多分初めてです。
それに、ファンタジーってジャンル自体、自分はもともと苦手な方です。

でも、同じストップモーションアニメで日本が舞台の映画『犬ヶ島』が公開
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.1

いい意味でも悪い意味でも、期待通りでした。
劇中の選曲はいいと思いますし、役者さんもある意味不自然なくらい、みんな歌が上手いです。比較的短い上映時間でストーリーをトントン拍子に進んだのも嫌いじゃありま
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

2.9

まず、良かった点から挙げていきます。

①主演2人の演技の上手さ。
JK・シモンズは自分の好きな『スパイダーマン』シリーズの新聞社の編集長としてイメージが固定されていたので、今作みたいなマッチョな鬼教
>>続きを読む

蒲田行進曲(1982年製作の映画)

4.1

深夜にテレビで放送していたので、録画して、今回2回目の鑑賞をしました。
ちなみに、自分の両親は初めて2人で映画館で観た映画が今作だったそうです。
多分、両親の感想とは若干違いますが、自分も結構好きな映
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.2

気になっていた作品でしたが、今回、TV地上波初放送ということで鑑賞しました。

まず自分は根本的に、犯罪のみならず、暴露本を出して金儲けする奴に腹が立ちます。
まして、今作の藤原竜也演じる曽根崎が世間
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

バットマンだったマイケル・キートンがスパイダーマンの敵役を演じるとは思いませんでした。

自分は元々、中学・高校・大学時代にトビー・マグワイアのスパイダーマンシリーズ、特に『スパイダーマン2』がすごく
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.3

公開当時に、この映画の予告編を見た時は、「なんだ。映像が凄いって言っても、街を折りたたむシーンなんて『インセプション』と同じやん。」と思って、たかを括ってスルーしていたんです。
多分、自分と同じように
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

かなりよかったです。大満足です。♨️
ただ、このスコアはあえて、filmarksの鑑賞時時点での平均点にしました。
理由は、
①自分がMCUシリーズの半分も観れてないから、全キャラクターの背景を完全に
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

1.6

自分の尊敬するボクサーの1人、長谷川穂積選手はボクシング引退後、息子さんと卓球を一緒にしているそうです。長谷川選手も中学時代は卓球部に所属していたそうですし、息子さんも元から卓球をしていたらしいです。>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

-

熱烈なMCUファンの友人から『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』を観るように勧められました。
その鑑賞前に予習として今作を鑑賞しました。

自分はMCUシリーズを観るのが、これが8作品目。マイ
>>続きを読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.8

初めて見た時から、もう4回ぐらい観てる作品です。
最初観た時はワクワクしましたが、子供の目から観て、怖いシーンが多かった印象があります。

特に、死人がたくさん出ていて、何も罪のない人や犬がT- RE
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.1

沖田修一監督作品を観るのは、
『南極料理人』
『キツツキと雨』
『横道世之介』
に続いて今作で4本目です。

自分は、基本的にはこの監督の映画は好きです。特に『横道世之介』は人生ベスト級に好きな作品で
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

-

『レディ・プレイヤー・ワン』の鑑賞後、今作に興味を持ち、観ました。
多分、スピルバーグも今作が絡んでくるシーンは、特に神経を遣ったと思います。

自分が観たスタンリー・キューブリック監督作品は『200
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

インド映画『ダンガル』も、いずれ観ようと思いますがその前に、同じ"実話ベースのレスリングのお話"ということで、これを機に、ずっと気になっていた今作を視聴しました。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
>>続きを読む

バグダッド・カフェ 完全版(1987年製作の映画)

3.2

『ONE PIECE』の尾田栄一郎さんがこの映画の雰囲気を褒めてましたから、それだけのことで観ました。

確かにゆったりした雰囲気は好きです。
意外と重要なシーンをあっさり流すのも嫌いじゃありません。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

テレビ地上波放送で、今回2回目の視聴です。
今作で、「色んな能力者が力を合わせて物事を達成する」スパイ・チーム映画として、ミッション・インポッシブルシリーズのなかでは結構重要な分岐点になったと思います
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

まず、東西冷戦下のスパイの話なので人物関係・設定が分かりづらい上、誰も信じてはいけない状況のお話です。
これが自分にはかなりマイナスになっています。自分には肌に合いませんでした。

とはいえ、今作は、
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

いや〜、面白かったです。(笑)

でも、単なる映像の凄さ・美しさだけじゃありません。逆にただ単にそれを観たい人は肩透かしを食うかもしれません。正直、中盤は現代社会の映像がメインでオアシスの映像の時間が
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.3

不思議な映画です。
ジャンルとしては多分、アクション映画なんでしょうが、ミュージカル映画・犯罪映画・恋愛映画・コメディ映画の要素もかなり混ざってます。

作った人がすごい才能のある人なんだなってのも理
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.3

一人につき一度きりの人生、なれる職業や出来る生活スタイルは限られてます。
だから、こういう映画を観ると他人の仕事や生活を体験できます。それだけで豊かな気持ちになります。

主人公の職業がバスの運転手っ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.2

『アウトレイジ第1作目』の主要キャラクターは、主人公である大友を除けば、多分誰一人として出て来ませんね。

まず、作品自体の面白さとは無関係ですが、文句が2個あります。
2作目の『アウトレイジビヨンド
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.9

原作未読です。
だから、原作との比較はできません。

正直、評判が高いですが、意に介さず、自分は全然期待してませんでした。
本来なら食指が動かないタイプの映画ですが、観てみるもんですね。
馬鹿馬鹿しい
>>続きを読む

無法松の一生(1958年製作の映画)

3.8

黒澤映画を観るとき同様、DVDで、字幕付きで観ました。

映画中盤の、主人公がお客さんを待たせてからまた凧の糸を解くシーン、1分ぐらいでしょうけど、どう考えてもよくある映画の尺の取り方じゃありません。
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.6

ストーリーは一言で表すなら、「女性版ロッキー」です。
ストーリーのプロット自体は本当に単純な話なんですけど、なんと言っても安藤サクラさんの役作りと日常生活の細かいリアルな描写でだいぶ映画としての格を上
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

-

この映画に限らず、公開当時は興業収入とか世間の評価が振るわなくても、数年後に評論家の評価が見直されるっていうのがよく解りません。

深夜に地上波で放送していたものを録画して鑑賞しました。
でも、好き嫌
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.0

だいぶ前に、「伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう」というラジオ番組でRIZEのベーシストkenkenさんが今作を薦めていました。伊集院さんもお笑い芸人として多少感じ方は違えど賞賛していま>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

クリント・イーストウッド監督作品ということで、見ごたえもあるし、安定してますね。

ただ、上映時間が少し長いのと、戦闘において敵方の狙撃手ムスタファとの駆け引きが中心に描かれています。
やっぱり、伝説
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.2

戦争映画をあまり観ていない自分にとっては、予告編でいうように、戦場での残酷描写に関しては『プライベートライアン』以来の衝撃かもしれません。
すごかったです。

でも、沖縄戦では一般人も多くの被害に遭っ
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.2

今度、『Mr.インクレディブル』の続編『インクレディブル・ファミリー』が公開予定と言うことで、ブラッド・バード監督作品の中でも特に名作だと聞いていたけど観れていなかったので、今回観ました。
あと、スピ
>>続きを読む

アポカリプト(2006年製作の映画)

3.9

正直、よくわからなかったです。

ストーリー自体はものすごくシンプルなもので、主人公が連れ去られたところから帰ってくる話です。

問題は、劇中で描かれるマヤ文明の時代考証が正しいのか正しくないのか、そ
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.5

これを書いているのが2018/4/12。
現時点では、第1作『アイアンマン』から最新作『ブラックパンサー』まで映画としては18作品のマーベル・シネマティック・ユニバース作品が出ていますね。

そして2
>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

2.5

MCUで、未見のものを順不同に鑑賞。
映像そのものは、もはや行くとこまで行ってます。それを観れる上映時間の長さぐらいの違いです。

備忘録として記入しておきます。


ストーリーは、

・新キャラクタ
>>続きを読む

チャンプ(1979年製作の映画)

4.2

ベタな映画で、作り手の泣かせよう泣かせようという魂胆が見え見えですが、それでも泣いてしまいます。

漫画の『ジョジョの奇妙な冒険:ダイヤモンドは砕けない』(映画版じゃない)で、作中のキャラクター虹村億
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

3.7

ダウン症患者の保護と言うよりは、社会のゲイに対する差別問題を取り上げた映画です。『ムーンライト』を観た時も感じたんですが、ゲイの差別問題は、自分の周囲にそんな人物がいないこともあり、個人的には興味が湧>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

1.8

このレビューはネタバレを含みます

自分のFilmarksの鑑賞記録100本目は前々からみようと思っていたけど機会を失っていたこの作品にしました。
以前、TSUTAYAで購入した『シネマハンドブック2016』によると、2000年代の公開
>>続きを読む

>|