ハラスメントゲームのドラマ情報・感想・評価・動画配信

『ハラスメントゲーム』に投稿された感想・評価

carboncowboy

carboncowboyの感想・評価

3.5
0
(評価基準)
3.0< 面白かった
3.5< また見たい
4.0< DVD買って保存したい
4.5< 一生ものの映画
Benito

Benitoの感想・評価

3.8
0
【 適度にコミカル、適度にシリアスなドラマ 】

失敗・挫折経験がある53歳のサラリーマン。そのキャラクターを丁寧に描いた、前向きで明るい、テレ東製作の清々しいドラマ。だから、適度に共感できたりする。

原作と脚本は斎藤工の「昼顔」やキムタク「BG」などの井上由美子。

唐沢寿明と広瀬アリスのバディぶり。
唐沢寿明と石野真子の仲良し夫婦ぶり。

とにかく唐沢寿明に尽きる。

あとゲストがバリエーション豊か。
斎藤工、黒谷友香、余貴美子、加藤雅也、松下由樹、杉本哲太、八嶋智人、田中直樹、など。

劇伴はEvan Call。
エンディングはコブクロの「風をみつめて」https://youtu.be/5NwZimGi-M8
kaitomo

kaitomoの感想・評価

3.7
0
唐沢寿明、滝藤賢一、高嶋政宏、佐野史郎と個性派オジサン俳優の渋みを味わえるのが良い。そして市川由衣に嵌められたい。
序盤の地味な話が面白い。嫉妬で上司に嫌がらせする話とか、部下が好きすぎて過剰な飲み会やっちゃう上司の話とか良くできてる。もっともっと難しいラインの話もあると思うので、そういうのを中心に企業をゆるがすハラスメント事件とかに発展していけば良かったのに。
弁護士がほぼいるだけなのも勿体ない。もっと法律的な面でも切り込みつつ、それだけじゃ解決できないことあるよね、って話にすればもっと知的な話になっただろう。
後半の買収のいざこざもハラスメント関係ないし、悪役もやってることセコすぎて萎えた。
面白かったが、なんか惜しい作品。◯◯ハラスメントの言葉が増えて何にも言えないよねー、とか言ってないでもっと本質的な所まで迫ってほしかった。
オンオフ

オンオフの感想・評価

5.0
0
当時リアルタイム過ぎて色々見入った記憶。
確か4話?がほんまに良かった記録がある。
めちゃくちゃ面白かったし、考えさせられた
Gak

Gakの感想・評価

3.8
0
パワハラとかの時事問題というか、流行りものを、会社の出世争いとか、犯人探しという謎のひっぱりとか、まあ基本技でまとめ上げていくスキル

あと普通にアイデアの宝庫
記録

井上由美子✖️唐沢寿明@テレ東。
お仕事物、全話リアルタイムで楽しんだ。
秀吉

秀吉の感想・評価

3.4
0
イッキ見。最初は演出やキャラでつまらんと思いかけたけど、後半は楽しく見れた。
みろく

みろくの感想・評価

-
0
唐沢寿明コンプライアンス室長が最初から完璧なスーパーコンプラゴリ守りマンじゃなく広瀬アリスにぷりぷり突っ込まれながらのらりくらりと価値観のアップデートを図っていくスタイルが面白かった。掴みどころ無く見えてやるときゃやる。「クズ中のクズ」が決め台詞なのちょっと半沢直樹みがある。
みきちゃ

みきちゃの感想・評価

4.0
0
テレ東 ドラマBiz枠
テレビ東京開局55年記念企画ドラマ
主題歌:「風をみつめて」by コブクロ

1話:パワハラ。頑張れって言われるのは好かない。ハラスメントだとまでは思ってないけど、ただ長いアメリカ生活のせい。

2話:セクハラ。女が4人いたら一人ボスが出来る女社会を見たことは、幸せにも1度しかない。付き合う相手を人間性や資質で選んでばかりはいられない主婦や保護者の世界には多発する事例なので、主語「女」はちょっと大きすぎる。

3話:パタハラ。当然の権利を許さない風土、大変。自分達の世代の苦労は、下の世代にも経験して当然と思ってる心の貧しさは見苦しい。

4話:ジェンハラ。唐沢さんの言葉が気持ち良かった♪ しかしクズクズ言いすぎw

5話:アルハラ。このハラスメントにうるさいご時世、職場で部下に恋とかしたらどうすりゃいいのと一緒になって考えてしまった。答えが欲しかったけど、人間関係に確固たる正解なと無いから難しいし面白い。

6話:パワハラ。市川由衣がきれい!今回の髪型とメイクめっちゃ合ってる。

7話:セクハラ。秋津室長の家族の感じ、いいな。唐沢さんの演技好き。この経営陣はほんと無能揃い。

8話:カスハラ。2話ぶりの品川店だ!うれしい。石野真子がかわいいww 高嶋さんがかっこよくみえてきた。

9話:タキケンさんもいつも良いな。社長室に茶道スペースあるの嫌いじゃない。みんなのスーパーへの熱い思いが伝わってくるあったかいラスト。おもしろかった♪
ちどりん

ちどりんの感想・評価

3.7
0
まぁいろんなハラスメントがあることに驚く。
昭和の人間からするといちいち文句つけ過ぎやろと思うが昨今ではそうもいかないらしい。
嫌な世の中になったものだ。
会社のコンプライアンス室長として各ハラスメントな事件を毎回解決する。
唐沢寿明の昼行燈的でキレ者な役柄がとてもよくあっていて安定。
>|

あなたにおすすめの記事