あすなろ白書のドラマ情報・感想・評価

あすなろ白書1993年製作のドラマ)

公開日: 1993年10月11日

製作国:

3.8

「あすなろ白書」に投稿された感想・評価

みんなが筒井さんを好きになるドラマ。
キムタクのダサい眼鏡が可愛い。
でも1番可愛いのは西島秀俊。
ま

まの感想・評価

4.0
0
大学生から社会人までを描いているから凄く密度の濃いドラマだなぁと感じた。
1〜3話だけ見ても立派なドラマとして成立しています。寧ろここで終わらせておけばハッピーエンドでチャンチャンって感じです。(その後の事を考えると)
大学生編までは面白かったけど、園田なるみがめんどくさい女になってしまった社会人編になって失速した感がある。でも良い作品です。
最終回ラストの石田ひかりのナレーションは泣ける。人生色々あるわな。
脚本は北川悦吏子、主題歌はフミヤ。
さ

さの感想・評価

4.0
0
昭和リア充の話かと思ったら途中からトンデモ展開に…
めちゃ面白かった、あすなろ抱きはちょっとよくわかんなかった
こあら

こあらの感想・評価

4.2
0
俺じゃダメか…は、当時の女子にステキ過ぎる夢を。
石田ひかりのリュックがかわいくて真似して同じブランドのものを探したっけなあ。
Azu

Azuの感想・評価

4.0
0
過去鑑賞。
《行きすれ違う恋模様を描く青春群像ドラマ。男3人、女2人の友人グループ「あすなろ会」の面々が、初めて本当に人を愛し、苦い経験もしながら、大人への階段を上っていく姿を描いている。 
   物語の軸となるのは掛居となるみ。素直で自分の感情を隠さないなるみと、複雑な家庭で育った掛居は惹かれあう2人だが、さまざまな障害が振りかかる。》

懐かしい✨
当時はキムタクの『オレじゃダメか』に胸キュン💓😁
鈴木杏樹さん可愛かった😆
まーくん

まーくんの感想・評価

2.9
0
主演じゃないのにキムタクに全て持っていかれた月9。
TRUE LOVE大ヒット。
ピュアだらけ。主役の2人以外の方が輝いてるな〜 特にキムタクが最強
 私がキムタクを初めて、ドラマの中で 見た作品。

 原作は 柴門ふみで、漫画のころから ファンだった。

 石田ひかり・筒井道隆に注目していたがの中で、「取手君」の役を
キムタクが印象的に演じていた。
 めがねを かけた役だったが、とても 雰囲気があった。

 キムタクは、実は掛居の役をオファーされていたが、
キムタク自身が取手の役を選択したそうである。

 石田ひかり・筒井道隆以外にも、鈴木杏樹・西島秀俊が共演しており、
思い出のドラマである。

 主題歌は、藤井フミヤ 「TRUE LOVE」 である。
ららら

らららの感想・評価

3.6
0
キムタクの、俺じゃダメか?を聞きたくて笑
想像通りの胸キュンいただきました笑
akemi

akemiの感想・評価

3.8
0
大学を舞台に青春や恋愛の、モヤモヤやキラキラを描いたドラマ。
すごく好きだったな。
>|