アガサ・クリスティー 無実はさいなむのドラマ情報・感想・評価

「アガサ・クリスティー 無実はさいなむ」に投稿された感想・評価

torakoa

torakoaの感想・評価

3.3
0
1954年12月24日。5人の養子を持つ一家の母が撲殺され、兇器と思しきものの指紋から犯人と目された養子ジャックはアリバイを主張していたが証人がおらず、裁判前に獄中死し、18か月後。事件当夜ジャックを車に乗せた男が、彼には事件発生時刻のアリバイがあり犯人ではないと言って現れ、では真犯人は誰なのか?で一家が揺れる話。

ビル・ナイ出演作ゆえ。
原作未読。海外ものは名前が覚えられなくて挫折した記憶があるので多分海外ミステリーは読んだことがない。ついでに私は推理物で作者からの挑戦を受けたことがない。犯人やトリックを推理することに興味がなく、ドラマとして鑑賞するらしいことに少年探偵団シリーズ(児童向け乱歩)読破目指してた時気づいた。さあここで読者のみなさんに挑戦です、みたいなの、またかよもういいよと思ってた記憶がある。

なので、探偵不在のグロなし横溝正史みたいな感じで割と愉しく鑑賞した。音楽いいしオープニングいい感じだし格調高い感じだし、クオリティ高いなーと気分よく鑑賞できたのもある。多分ほぼ初見の人だらけだったけど混同しづらいキャスティングで割と大丈夫だった。
殺害された母は家の者それぞれから疎まれていて、殺すまでかは置いといて全員理由がありそうで、特定しきれなそうなあたりが面白かったんだが、最終話の中盤辺りから話が陳腐というか何か違和感が出てきて、うーん?て感じで終わった。何となく辻褄合わない気がして、これ原作改変してるんじゃないかなーと思ったらそうだったらしい。悪いと言う程でもないんだけど、何かすわりの悪い感じというか何か微妙に噛み合ってないような違和感があった。

母の人よかったと思うし、ビル・ナイの衰えた感ある発声は疲れを感じさせててよかった。

BBC 59分×3話。Amazon Originalsというロゴが出てたんだが、Primeで配信がないのはAXNミステリーが放送権持ってるからか。AXNミステリーのアガサ・クリスティーからのXmasプレゼントとかいう特集で何度か放送されてる。またやるかも。
えむ

えむの感想・評価

3.6
0
多くの養子を迎えた資産家の家族の母親が殺された。

その犯人は素行の悪い養子の1人で、彼は捕まった後、刑務所で喧嘩騒ぎを起こして亡くなり、ようやく落ち着きを取り戻したところで父親は新しい妻を迎えようとしている。

そんな折、捕まった養子のアリバイを証明できると言う男が現れるのだが、もし彼が無実なら他の誰かが犯人ということになってしまう…


連ドラ3話なので、最初こそ、ダラダラと人物像に時間をかけすぎで、飽きる人がいるんじゃないかと思ったものの、そこを越したら大丈夫。

物事が動き始めてからは、ストーリーが進むにつれ、過去の場面がフラッシュバックのように映し出されたり、ひとりひとりの曰くありげな表情が垣間見えたり、ハッキリとした描かれ方というよりは『匂わせる』ような演出が多くて、全員が何かを隠しているような怪しさといびつさに満ちて、その後の展開に引き付けられる作りになってます。

誰一人幸せそうには見えない、お互いに腹のうちを見せない、どこか陰鬱な雰囲気に気持ちを煽られながら、クリスティ自身も自作の上位にあげている、この上質ミステリーを楽しんでください。


ミステリーはネタバレなしでないと面白くないので、内容については多くは書かないけど、これはクリスティといっても、マープルやポアロのように探偵役が出てくる話では無いのと、原作を知っている人には全てが原作通りって訳じゃないですよ、ということだけお伝えしておきます。


実にクセのある、いや〜な感じの人続出の家族なので、そこだけは覚悟しといて。笑
のん

のんの感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレです




















ビル・ナイに騙された!
とわこ

とわこの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

日本版「そして誰もいなくなった」のせいで「アガサ・クリスティー=おもんない」となってたのが、BBC制作「検察側の証人」によって名誉挽回。で、今作もBBC制作制作ってことで高まる期待。

オカンが殺されて容疑者としていっちゃってる息子が逮捕。なんだけど、どうやら犯人は別の家族の犯行かもってストーリー。

レイチェルの資産で好きなことをしてるクセに浮気したレオ。それが発覚したときにレイチェルから言われた「生きるために働くの。耐えられる?」ってセリフ。あれってレオにしたら「死ね!」って言われてるのと同じなんだろうなー。

そう考えると殺されるのもしゃーないか、という感じはする。ただ、人としてどないやねん!って感じで描かれてたレイチェルも、使用人カーステンに対する慈悲深い態度なんかをみてると悪人とは思えなかったりで同情してる。というか好き。

まーとにかく先が読めない。みんなまんべんなく犯人に見えるところからスタートしてひとりずつ可能性をつぶす。でもつぶしきらない感じもあったり。とにかく暗闇の中で手を引かれるように物語はすすむ。宝塚ファミリーランドの「大人形館 世界はひとつ」のように船に乗せられ、計算取りに見せたいものを見せられるあの感覚に近く楽しめた。
tak

takの感想・評価

4.0
0
返却日が迫ってたDVDがあったのに、このアガサ・クリスティ原作のドラマ「無実はさいなむ」を見始めた僕は、結末が気になって仕方なくなった。結局DVDは観ずに返却して、全3話の英国製ドラマに見入ってしまった。やっぱり面白い。

5人の養子を迎えた資産家の夫婦。一家を仕切っていた妻レイチェルがクリスマスイヴの夜に殺害される。犯人とされて捕まったのは、養子の一人で気性の荒いジャック。殺害された時間にはアリバイがあると主張していた彼は刑務所で死亡。それからしばらくした頃、その晩にジャックを車に乗せたという男性が現れて、証言して無実を晴らすと言い始める。夫レイの再婚を控えてギクシャクしていた一家に衝撃が走り、少しずつそれぞれが秘めていた感情と事実が浮かびあがってくる。

アガサ・クリスティ作品の魅力は、謎解きまでの人間ドラマの深み。正面だって結末を見出す探偵役が存在しないこの作品。真実を突きつける痛快さはないけれど、その分だけ誰がこのモヤモヤを晴らしてくれるんだろうとドキドキする。過去の出来事と今を交差させながら進行する編集は、断片的な情報しか与えてくれない。しかも第1話冒頭で示される事件の顛末は、ダイジェストにも程があると怒りを覚えそうな短さ。そこで観客に与えられた事件の概要は新聞記事で読んだ程度のものでしかない。そこに新事実が次々と示されていく。事実が示される第1話、話がこじれる第2話。そしてあの夜起こったことを時系列に初めて示し、落とし前をつける第3話。この構成はなかなか。ハッピーエンドのようで底知れぬ怖さも感じるラストシーン、お見事。

ビル・ナイ御大が謎めいた人物を淡々と演じる。「マイ・ブックショップ」の屋敷に閉じこもった老人役とは、また違った抑えた演技で味わい深い。事件をかき乱す長女の夫である負傷した軍人役、マシュー・グードが「イノセントガーデン」を思いださせる怪しさで好演。

原作とは結末が違うのか…読んでみようかな。見応えのあるドラマ化でした。
Hideko

Hidekoの感想・評価

4.0
0
探偵や警察が謎解きを行わない作品もあるとは知らなかった。
他の皆さんが書かれていることから知ったのですが、結末が原作とは異なるそう。
原作も読んでみたい。
本作の結末は残酷だがスッキリもした。

アガサ・クリスティ、やっぱり天才!!!
いの

いのの感想・評価

4.8
0
アガサクリスティは本筋のミステリに付随するヒューマンドラマが最高……
eriiico110

eriiico110の感想・評価

-
0
おもしろい、見応えあった!
スーパーハッピーエンドにならなくていい、今以上に不幸にならなければ。
kanko

kankoの感想・評価

3.8
2
うん、面白かった!
クリスティ物はやっぱり面白い。最後まで誰が犯人かわからなかった。殺された夫人は本当にどういう意思で子供達を養子にしたのかそこがあまり深く描かれていなかったような。

中断していたポアロ一気見を再開しようかな。
カオリ

カオリの感想・評価

4.3
0
珍しくBSで鑑賞。雰囲気も演出も高尚でアガサクリスティそのものでした。
ちょうど日本でもアガサ原作のスペシャルドラマ放送してたけど、比べると失礼ですね。
とにかく久々に上質なサスペンスを見せてもらいました。

あなたにおすすめの記事