ラスト・タイクーンのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ラスト・タイクーン」に投稿された感想・評価

誰、このカッコイイ人……❗
って、思って観てた。

マット・ボマーだった。

なんで、シーズン1で
終わったのか……残念
GURU

GURUの感想・評価

4.1
0
映画が好きだからこそ身に沁みた

世界大戦真っ只中を舞台に繰り広げる
映画制作会社の葛藤
フィックションでありながらも
時代背景に基づいた脚本や
キャラクターの成り立ち
全てがかなりディープに描かれていて
個人的にとてもどハマりした
オムニバス作品かのように
ナチス、ユダヤ、移民、黒人etc…
キャラクター1人1人の物語が
上手にまとめられているのにも驚いた
続編が打ち切りになってしまったのが
かなりどころか、度を越して悔しい
たが、そのリアルな制作会社のオチにも
またしてやられる
意図的にでは無いと思うが
それが現実
映画は虚像なのだ

本作は紛れもなく映画ファンを魅了する
セッティングに衣装
思想が詰まった最高の作品
映画好きに是非おすすめしたい
shun

shunの感想・評価

3.8
0
リリー・コリンズとダニエル・ローズ・ラッセル(マックスの妹)目当てで。

予算の関係で打ちきりらしいのが残念。もっと観たかった。色々中途半端に終わってしまった、、確かにストーリーは地味だけど衣装や時代の世界観づくりにお金かかってそうだし上品な作品、

ちょうどハリウッド黄金期と呼ばれる時代、二つの大戦の狭間の時代でもあってその時の世界情勢がストーリーにもすごく反映されている。人々の娯楽以上の映画づくり、「現実をおとぎ話に変えるもの」でありながら現実を突きつける物でもある映画とその製作者たちの情熱が印象深かった。

全体を通じてナチスとユダヤ人、黒人差別、女性差別、貧富の差も取り上げていてここはそのまま現代社会、映画業界に繋がるところでもあった。特にマーゴ・タフトの出自が明かされる所、どれだけのスターであっても結局生まれで左右されて崩されてしまうことが考えさせられる。なぜ映画を観ないのか、という問いに対する黒人バーテンダーの「私らの映画が無いので」も印象に残った。  

主演マット・ボマーかっこよかった。リリコリも可愛かった。服装と髪型がコロコロかわるのも見ていて楽しいし外の世界に飛び出そうとしてる純粋さの残ったお嬢様感が良かった。  
そしてダニエル・ローズ・ラッセル、この作品を観たかった一番の理由なので全エピソードの3分の2出てて嬉しかった。最後気になる。もしシーズン2作られてたら相当物語の中心に来ていただろうなあの感じだと。
ケルシー・グラマーどっかで見たことあると思ったらクリステン・ベルとやった「パパと娘のハネムーン」だった。あれでも頑固な父親役だったっけ。
キャサリン役のドミニク・マケリゴットはアイルランド訛りが心地よかった。これが重要なんだけれども。「the boys」にも出てるらしいので観てみようかな。
 
とにかく、観終わるのに5ヶ月ほどかかったけど観て良かった。続きがないのが残念です。
Lily

Lilyの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

好きだった。打ち切り悲しい。え、、、ってところで終わってしまった。
リリーコリンズがさらに好きになった。お上品ほんとに。
続きが見たかった。。。😭😭😭
1936年。ファッションも、メイクも、ヘアスタイルも全てがポイントだった。
これは、trageryなのかなぁ。映画界の非現実では、オスカーをとったりsuccessになったものの、現実では、みんな悲しんでる。家族もバラバラ。財政難。マックスの妹の行方も気になるし、気になる点ばかり!!!!!💦
これ、続いてたら、最高なんだろうなぁって。でも、急激な転換とかはないから、超高評価ってわけではなかったのかなぁ。でも、わたしはすきだった。
スターモンロー、、、最後までひとりで、辛い哀しかった。。彼が終わるにつれて、trageryって言葉を使ってきてるところで、これは、悲劇の作品なのかと思ったけれど。最初のセリアがツボを割るシーンから、予想はできてたのかなぁ。最後も同じアングルで次はオスカーを手にしてたセリア。最後は、ほんとに切なすぎた。
モンローの目の演技が凄かった。嬉しい時、嬉しいけど心は悲しい時、、、みんな伝わってきた。
誰の恋も実ることのなかったこの作品は逆に珍しい。セリアとマックスはいい感じ?でも、階級の差だったり、、色々あるよね問題は。
映画界の謎だったり、アマプラって映画見てる人ばかりで映画に少しでも興味ある人が多いはずだから、この映画ができる裏の世界を見られるのは画期的だし、とても興味深い作品だった。
pumi

pumiの感想・評価

2.5
0
マットボマーもリリーコリンズも出てる!と思って見始めたけど、内容は面白さに欠け…。
まこと

まことの感想・評価

-
0
辛い時にこそ楽しい映画を、音楽を、ダンスを
そんな時代だったのかな
悪いところにばかり目がいってしまうけどやはりどの時代にも平和を求める人はいたのだなあ、肌の色や生まれなど関係ないと声を大にして言う人たちはいたんだなあ
涙が止まらなかった
LUM

LUMの感想・評価

-
0
めちゃめちゃ面白い…!!!
フィッツジェラルド原作、1930年代のハリウッドを描いた作品。
資金繰りがうまく行かずシーズン1で打ち切りになったとのことで、Amazon(製作)許すまじ、とは先に言っておく。
恨むよマジで。爆

まずマット・ボマーのファンであることが第一要因ではある。
マットがもうとにかくカッコイイ美しい…!!!
ダブルのスーツをそれはもうカッコ良く、スタイリッシュに着こなしていて。
華やかでクラシカルな世界観が本っっ当によく似合う。
美しすぎて、惚れ惚れ。
てか最近改めてホワイトカラーのシーズン1観てたんやけど、その頃と見た目まっったく変わってないのよねどういうこと…??笑

共演のリリー・コリンズもまぁ〜〜かわいい。
まつげバッサバサお目々くりくりのお人形さんみたいで、着てる服が毎回めっっちゃかわいい。
そこだけできゃあきゃあしてしまう。笑
その他にもマットの婚約者だったり、リリーのママだったり、ファッションや髪型がみんな素敵でその部分だけでもすごく見所。
あとメイクも素敵。
みんなまつげとリップの色がすごく綺麗…。

で!お話もすごく面白くて!!
映画プロデューサー、モンロー・スター(マット)を中心に、様々な事柄が描かれる。
このモンローという人物がまぁものすごく人間らしいというか…すごく魅力的なんだな。
映画に関して天才的な発想力を持ち、みんなから慕われ認められ、全てを手にしてるように見える。
けれども移民で周りに家族がいなかったり、妻を悲劇的に亡くしていたり、心臓病を抱えているために早くもっといい映画を作らなければと焦っていたり。
美しい男性のこんなところ見たら…胸がキューーってならずにいられんやろ!!!←
モンローの決して満足せず生き急いでる感じに色気を感じるし女性は放っておけないわな…。
でも漂う終末感というか、どう考えてもモンローが幸せになるのが見えないのよね。
悲しく心苦しくもあるけど、そこがこの物語に惹きつけられるとこでもある。
恋愛だけでもかなり見応えありで、憧れの相手への片思いや不倫、すっごいロマンチックな恋など、色んな感情が描かれてる。

その他にも社長との信頼嫉妬対立、移民、労働者、貧困、ナチス、色んな要素が詰まってて、ものすごく興味深い。
登場人物一人ひとりが濃いし、人間模様が濃い。
毎話毎話あっという間で。
めちゃめちゃ面白かった…。
完結してないのが惜しすぎる!!
とりあえずもう1回観るだろうな。
第一次世界大戦後のハリウッドが舞台ということで華やかな雰囲気と人々が娯楽に夢中になる賑わいが感じられるのがとてもいい。
ドラマなので映画ほどの豪華さはないがファッションや美術はどのシーンも素敵です。

打ち切りになってしまったのは残念ですがその当時のアカデミー賞を最終話に持ってきているので映画が好きな人は楽しいと思います。

ショービジネスの世界に身をささげた男女が運命に翻弄される様は今のなんでもありなドラマを観てしまうと地味なようにも感じますが、夢の世界の舞台裏で第二次大戦という厳しい現実がヒタヒタと忍び寄っている様子なども丁寧に描かれており一見の価値はある作品。
うな

うなの感想・評価

4.2
0
シーズン1で打ち切りか…残念。
モンロースターその後気になる🥺
ペコ

ペコの感想・評価

4.0
0
マットボマーにピッタリの役だった♡
ハリウッドの歴史が垣間見れる作品。
>|