東京二十三区女のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「東京二十三区女」に投稿された感想・評価

おふとん

おふとんの感想・評価

4.0
2
サクッと観れる怖い話
ブラタモリとか怪奇とか好きなので
その土地土地の昔話に絡んだ恐怖話が面白かった

女優陣も豪華

ぱるるのゆるGジャンコーデが可愛かった

最終話もラストで驚いた
続編がぜひ観たい
maruko

marukoの感想・評価

3.7
0
東京は怨念で満ちあふれている…

すごい怖いわけじゃないけど霊とかミステリーとか怪奇現象とか短編の怖い話が見れて結構楽しめた。
安達祐実のやつが楽しかった。
23区の土地にまつわる歴史が少しわかったり、色んな女優さんが出ていてそれも良かったです。
他の区の怖い話も作ってほしい!!
ぬこを

ぬこをの感想・評価

4.4
0
これ評価高くないっぽいし、内容も鬱屈としてて悪趣味でかと思えばトンデモ展開脚本に「は?」となるのも分かるけど私は好き。ホラー×民俗学ってもはや私のためのドラマかよって思う。ホラーミステリーと宣伝してるけどミステリーを期待して見たら内容めちゃくちゃしょうもない。
暗渠、ゴミ埋立て地・夢の島、鈴ヶ森刑場跡とかロケ地と題材に萌える。やっぱり土地には歴史を重ねた分だけ、過去の怨念とか不吉だからってわざと本質を見ないように時間が経ってしまった場所ってあると思う。そういう場所や人にスポットライトが当たってるところが私は好きですね
もう少し淡々としたドラマ作りだったらもっと好きだったと思うけど。
yukiy

yukiyの感想・評価

2.0
0
まさかのホラーw
東京女子図鑑的なのを期待しとった
キャスト無駄遣い
haru

haruの感想・評価

3.5
0
現在WOWOWで配信されている
長江俊和さんの小説が原作の
短編ミステリーホラードラマ(全6話)です。

ミステリホラーやサスペンスホラーは
映画としても好きなジャンルですが
短編ドラマでも十分に深みが感じられて
楽しむことが出来ました。

ちなみに原作者の長江俊和さんは
映像作家としても知られていて
本作の他に「世にも奇妙な物語」「放送禁止」
などでも監督脚本を務めています。

母親がたまたまテレビで観ていて
ぼくは4話から観たのですがこれは面白いと思い
後から1話~3話も一気に鑑賞しました。

ストーリー自体は創作だと思いますが
実際の東京の歴史に触れながら
展開していくのでとても惹き込まれました。
原作の方はどんな感じなのだろう。
23区制覇目指して読んでみたいです。
まさ

まさの感想・評価

3.8
0
東京の歴史×地理×ミステリーという自分が好きな三要素がコラボされたドラマであり、俳優が豪華であったのであっという間に見終わってしまいましたー😁
歴史&地理好きにはオススメの作品です!
残りの17区も是非続編でやってほしい!!
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
0
東京都内の恐ろしい物語が隠されたスポットを巡る、フリーライターの原田璃々子(島崎遥香)と、元民俗学講師の島野仁(岡山天音)。
二人は数々の二十三区の怪異に遭遇する。
(第1話)失踪した母を求めて、渋谷区の暗渠に迷い込んだOL(倉科カナ)。
(第2話)江東区の〝夢の島〟に怨念を隠す愛人の女(安達祐実)。
(第3話)老いらくの恋と〝池袋の女(桜庭ななみ)〟の謎。
(第4話)港区を走る深夜のタクシーで、怪異に遭遇する女社長(壇密)の秘密。
(第5話)板橋区の〝縁切榎〟に運命を翻弄される医師の妻(中山美穂)。
(第6話)品川区の事件現場を巡る女(島崎遥香)と鈴ヶ森刑場の怪。
「放送禁止」の長江俊和の演出脚本だけに、「川をコンクリートに封じ込めた暗渠のように記憶に封印した母が起こした事件の真相」「池袋の女」「鈴ヶ森刑場跡に残る呪い」など、その土地にまつわる呪いと都市伝説と人間の怨みや欲望が絡み合った忌まわしいイヤな感じのドラマが毎回楽しめたが、島崎遥香演じる記者の目的の顛末に決着がつけられていないのでスッキリしない終わり方のホラーサスペンスドラマ。
壇蜜と倉科カナがゲストの回が、怖かった。
Benito

Benitoの感想・評価

3.7
0
【 夏の夜に、サクッと観るにはよし】

長江俊和が原作・脚本・監督を担当したホラーでもあり、謎ときスリラーとも取れる WOWOWドラマ化版。

豊島区篇での桜庭と小日向コンビのこの'池袋の女' エピソードが、印象に残った。
おにたん

おにたんの感想・評価

3.5
0
最終話まで見れば「せっ先輩!実はそうだったのね❤️」となる。
各話が短く、サクッと見られた。
ゆぴこ

ゆぴこの感想・評価

2.9
0
期待していたほどは‥。

最後の先輩のとこがちょっといいね!
>|