daiyuuki

民王スペシャル~新たなる陰謀~のdaiyuukiのレビュー・感想・評価

4.6
 連続ドラマの最終回で国民からの信任を得て発足した第二次武藤内閣は、人気・期待度ともに上々。その中、支持を決定的なものにするため泰山(遠藤憲一)はボンジョビウム外交のためにウズラスキスタン国へと飛ぶ。社会人になった翔(菅田将暉)も農場での新人研修に勤しみ、新たな人生を踏み出していた。そんなふたりを、再びあの“脳波ジャック”が襲う!まさかの状況で、まさかの入れ替わり…。しかも今回は泰山と翔だけでなく、なんと武藤内閣の閣僚たちまでもが巻き添えに。なんと大臣たちは複数の幼稚園児と入れ替わってしまった…!
 ウズラスキスタン国への道中、研修中の翔と入れ替わってしまった泰山と、幼児化してしまった閣僚たち。この陰謀の主を探るべく、泰山は公安の刑事たちと奮闘を開始する。
池井戸潤原作の小説を元にしたドラマのスペシャルドラマ。
泰山と翔が、再び入れ替わり。さらに大臣が幼稚園児と入れ替わる一大事が、勃発。その背後には、ある若手政治家の存在があった。
原作とは離れたオリジナルエピソードだけど、学生野党の残党が企む陰謀をきっかけに、若者の意思を汲んだ政策をやっていこうと決意する泰山の贖罪が描かれているのが、コンパクトに、コメディ、感動、アクションがつまっているのが面白い。キーマンを演じる門脇麦が、キュートでカッコいい。
「民王」が好きな人には、満足出来るスペシャルドラマ。