11.22.63のドラマ情報・感想・評価

「11.22.63」に投稿された感想・評価

fun

funの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

キングの作品は期待が大きかったり、ドキドキ設定のホラーが気がついたらなんだかわけわかんなくなってしゅんとすぼんで終わってしまう作品が多いけれど、こういうドラマを上手く料理してもらえれば本当にいい作品になるんだなと今作でも感じました。原作にどのくらい忠実なのかは置いておいて。(スタンド・バイ・ミー、グリーン・マイル、ショーシャンク大好き❤)
唐突な設定でなぜ僕が?と運命を託されちゃって横道にそれるものの最終目的には届こうとあがく主人公。
目的の達成が悲しい結末につながるとは…。
ここで終わって犯人に仕立てられて戻れなかったら世にも奇妙な…じゃん!とハラハラっと最後しましたが何とか切り抜けて戻った世界はもっと
世にも奇妙な…様変わり。
昔、信長が生きていたらとかジョブズが生きていたらー…世界はもっと変わってたかもー(ケネディもそうですが)って思ったこともありましたがまさか生きててもどーしょーもない偉人だったオチっていうのも…いゃあありえる!と思わさせられました。
何のために苦労したのか…前任者が一番これを知ったら報われないけどー(-.-;)y-~~~
最後の選択はまんまバタフライ・エフェクト的だけど最後の最後にとてもいい終わり方をするので満足。
あのスピーチもダンスも。
好青年からチンピラ、ジャンキーまで振り幅の大きいジェームズ・フランコ(最近は後者なことが多いけど)久しぶりにあのクシャッとした人なつこい笑顔に会えて嬉しかったなー。
セイディもどんなことになっても信じてくれて綺麗で素敵だったな。
永遠にいろいろなパターン作れそうだけどダラダラ続けず潔い決断、切ないけど清々しい終わりとホロリと涙。
いい作品でした。
JJ×キング!

いやー面白い。最初から最後まで最高。女優さんの美しさったら!細部までこだわった作り。とにかく見て欲しい。シーズン1完結だから。

ヒール靴であんなに早く走れなくない?CG?
ケネディ暗殺を題材にしたタイムリープもの。
淡々と進んでいく感じだけど引き込まれるドラマだった。
たむ

たむの感想・評価

3.8
0
JFKの暗殺をテーマにしたタイムトラベルファンタジーですが、ちゃんとシーズンワンで完結します。
サスペンスは面白く、最後まで引っ張りますが、最終的には教訓のある物語です。
ケイスケ

ケイスケの感想・評価

4.2
0
最高でした。

JFKが主軸の"バタフライ・エフェクト"のような感じ!
may

mayの感想・評価

4.9
0
ジェームズフランコがめずらしくちゃんとやってる(失礼
かっこよすぎる
これのためにまたアマゾン入っちまったよやめたのに
 「原作と比べれば別物」らしいけどドラマ版しか知りません。まあまあ楽しめました。しかし出来としては平均点くらいかな。サラ・ガドンがとても綺麗。
朗

朗の感想・評価

4.2
0
はあー面白かった。
不思議だ時間って。この作品はケネディ暗殺を食い止めるべく過去にタイムスリップするというシンプルな設定のドラマなんだけど。このドラマをじっと見ていると心臓や手首や鼻の奥の血管がギュッと縮こまるような瞬間があって、それはまさに時間の描写だった。現実、タイムスリップなんてものがないんだってことはみんなわかっていて、しかし我々の関心をいつまでも離さない設定としてあり続ける。それは当たり前のように人が後悔を繰り返すからかもしれないし、もしくはこの不思議な「時間」という普遍で不可変なものへ想いを馳せた時に脳裏を一瞬吹き去る色や匂いや音があまりにも愛おしいからかもしれない。このドラマでは古き良きアメリカではなくて、古くて良いし悪いアメリカが描かれていて、その細部の作り込みがズブズブとこの世界に僕らを飲み込んでいきます。

ケネディ暗殺を阻止する主人公は何の変哲もない高校で国語を教える教師なんですけど、あまり彼のバックグラウンドは語られない。合衆国の1つの分水嶺であったあの時間に遡る彼にはそれらしい資格があるわけでもなくただ、タイムスリップが出来たからということなんですね。それでも僕らはその彼の行く末を見届けんとするんですけど、なかなか脇道にそれたり、準備が丁寧なのか疎かなのか、かなり危うい場面もありつつそこは「過去が抗う」という一本槍でカバーされていきます笑

以下ネタバレありです。


このドラマ、ケネディ暗殺を阻止するという本筋のサイドでは人種差別やミソジニーの描写も多分に含まれていて、むしろそっちがメイン?という感じもしてくる。
暴力を振るう男と束縛される女という構図が繰り返し出てくるんだけども、その過剰なDV男たちとの対決シーンが毎回実物。じわじわとこのバッドガイズの奇行を見せていく演出は、唾ごくごく飲みながら見ました。男性から女性への暴力をここまで描けるってのは海外ミステリーの素晴らしいところだなと思った。日本のミステリーにこれが無いわけではないんだけど、土壌としては弱い?というか、その問題が描かれることに対しての感度があまりにないんじゃない?って気がします

スティーブンキングらしい、20世紀のニュータウンホラーの成分が時代改変ものの中にギュウギュウに詰まっていて、大満足でした。
それでいて、これでもかというラストのパーティシーンの迫り来る時間の切なさ。裏表で切り離せない幸福と虚無が迫ってきて、たかがドラマにこんな気持ちにさせられるなんて…ってしょんぼりした顔で身終えることになる。
NIELSEN堀内

NIELSEN堀内の感想・評価

4.8
0
JFK暗殺事件其のものより、愛する人を生かす為の選択。此れは純粋なラブストーリーだと思いました。ラストが本当に素晴らしくて、キングが原作のドラマとしてはかなり感動的な内容でした。サラ・ガドンがとてもとても美しい。
sa

saの感想・評価

3.8
0
少し退屈になるところもあったり、なかなか話が進まなくてムズムズしたりしたけど、これはケネディ暗殺を止める事が主題ではなく人間関係を主題にしたドラマだと気づいてからとてもおもしろかった。
最後がうまくまとまっていていい感じに終わったので諦めずに最後まで観て良かった笑