オレオレさんの映画レビュー・感想・評価

オレオレ

オレオレ

クライシス(2021年製作の映画)

2.5

麻薬系鎮痛剤オピオイドの開発側、それを利用する一般市民側、そして取り締まりを行うDEA(麻薬取締局)の視点で描かれるが、思ったほどの緊張感がない。

そもそもは医者からの処方があれば手に入る鎮痛剤、そ
>>続きを読む

RBG 最強の85才(2018年製作の映画)

3.5

ハロウィンの仮装にまでなってしまう最高裁判事なんているー?
唯一無二のRBG。

フェリシティ・ジョーンズのやった映画の方は見てないんだけど、旦那さんとの信頼関係が見ていて実に微笑ましい。料理も全然で
>>続きを読む

夫以外の選択肢(2004年製作の映画)

2.5

法的に縛られた(?)配偶者を持たない身としては正直、そういうもんなのかねえ、という感じ。

ナオミ・ワッツとピーター・クラウス、ローラ・ダーンとマーク・ラファロがそれぞれ夫婦で、男同士がコミュニティカ
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

アルコール入ってたのに頑張って見た自分、エラい!

タイトルとは違ってホラーではないんだが、だからといって何映画?

ルーニー・マラとケーシー・アフレックのカップルが暮らしている田舎のピアノ付き一軒家
>>続きを読む

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.0

また見てしまった。
疲れた時は、ストーリーが単純なアクションかコメディに限る・・・

「グラディエーター」という単語を一躍おなじみのものにしたこの映画、もう20年以上前だったのかー。道理でR.クロウが
>>続きを読む

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.0

「Official Secrets」という地味~なタイトル通り、地味~な作品だった。俳優陣は次から次へと有名どころが出てくるのに。

9-11後、大量破壊兵器(WMD)の開発保持を理由としてイラク攻撃
>>続きを読む

完全なるチェックメイト(2014年製作の映画)

3.0

好きな俳優二人(T.マグワイア、L.シュレイバー)が主役なので見る。
脇役も渋い二人(M.スタールバーグ、P.サースガード)なので期待値上がる。そして途中で寝落ちする。

むかしむかし、ソ連というガチ
>>続きを読む

ウディ・アレンの夢と犯罪(2007年製作の映画)

2.5

ジャケ写のユアン・マクレガーとコリン・ファレルに惹かれて前情報なしに見始めたら、見覚えのあるクレジットのフォントと出し方。なんと、W.アレン作品だったのね・・・

マクレガーとファレルは兄弟で、それぞ
>>続きを読む

ゴーリキー・パーク(1984年製作の映画)

3.0

超絶長い原作を読んだので、半分意地で映画も見る。

1980年代のソ連はモスクワ、ゴーリキー公園。
3人の若者の他殺体が雪の中から発見されるが、身元を隠すためにか、遺体からは指紋と顔面がそぎ取られてい
>>続きを読む

狼たちの処刑台(2009年製作の映画)

3.0

何の前知識もなく、ジャケ写から、マイケル・ケイン主演のヒットマンアクションコメディかな、と思っていたらどっこい、老人によるチンピラ復讐劇、というヘビーな内容だった。

ダサい邦題はさておき、原題のハリ
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.0

とにかくクレア・デーンズが可愛い。全く何言ってるかわかんないが。

「ロミオとジュリエット」に限らず、シェークスピアの古典を現代に置き換えるのはよくあるパターンだけれど、今回は架空の町+現代+古語、と
>>続きを読む

クーリエ:最高機密の運び屋(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

普通のセールスマンがロシアでスパイ by B.カンバーバッチ。

冷戦真っただ中、東側諸国にお客を持っているという理由でB.カンバーバッチ演じるグレヴィルというロンドン在住のセールスマンがMI6および
>>続きを読む

ロード・トゥ・パーディション(2002年製作の映画)

4.0

1930年代のシカゴとその周辺を舞台にした、ギャング映画。
安定のトム・ハンクスとさすがのポール・ニューマン。ただのドレッシング作ってる爺さんじゃありません。
日本の「子連れ狼」にインスパイアされたグ
>>続きを読む

Final Account(原題)(2020年製作の映画)

3.5

2008年頃から撮影された、ナチスドイツのメンバーだった生存者へのインタビュー。10年以上前なので、かろうじて直接的に関わった人々の肉声が聞ける。

やはり、というか、当然、というか、「自分たちは(ユ
>>続きを読む

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

2.5

この際、胸キュンストーリーはどうでもよい。
お前ら、こんなもどかしいロムコムするのには歳をとり過ぎだろう!
と思ったら7年前の映画、キャストは25歳(D.ラドクリフ)、30歳(Z.カザン、A.ドライバ
>>続きを読む

ザ・プロフェッショナル(2001年製作の映画)

2.5

どんでん返しもやり過ぎると失敗、という見本というところか。

G.ハックマンのチームの宝石強盗でスタート。
男3人に女一人のチームが、手慣れた様子で宝石店に入り、ショーケースや金庫からごっそり金目の物
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

3.0

スピルバーグ+トム・ハンクスの空港を舞台にしたファンタジー。
いぇす、ファンタジーです、特に入管係員の愛想の良さとか、ありゃファンタジー。

自国カラコディバ(?)からアメリカへの飛行機に乗ってる間に
>>続きを読む

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

3.0

ディカプリオとR.クロウの二大俳優ガチ共演!・・・といいながら、前者は中東の現地工作員、後者は米国本土のハンドラーなので言うほど共演はない。電話でしょっちゅう話してるが。

存在するのは知られているも
>>続きを読む

Queen Victoria 至上の恋(1997年製作の映画)

3.5

大英帝国の黄金期を築いたビクトリア女王が最愛の夫、アルバートを42歳で亡くした後のストーリー。あっらー、視聴者数、めっちゃ少ないのね!

自他ともに認めるおしどり夫婦だったビクトリアとアルバート。
>>続きを読む

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

2.0

何年も前にアカデミー賞を取ったあとは、鳴かず飛ばずの脚本家、キース(H.グラント)。エージェントが紹介してきた仕事はNYの片田舎にある小さなカレッジでの「クリエイティブライティング」教師の口。
最初か
>>続きを読む

スパイ・レジェンド(2014年製作の映画)

2.0

リタイアした元CIAが元カノのために昔の教え子とセルビアで対決!

…その元カノが髪パサパサのおばさんだった時点で嫌な予感したんだよな〜
なんかよくわからない人がいっぱい出てきて(向かいのアパートの姉
>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

2.5

93歳となったホームズの記憶のように、エピソードがてんでバラバラで残念な仕上がりに・・・

時は1947年(ナレーションで「第一次世界大戦から30年経った、とか言ってたけど、それって1950年ごろだろ
>>続きを読む

ミケランジェロ・プロジェクト(2013年製作の映画)

2.5

昔見てつまんなくて、時を経てもっかい見てみたらやっぱりつまんなかった話。

くずれ絵師だったヒットラーは、侵略先の国やユダヤ人から略奪した美術品を集め、「総統美術館」なるものを作る計画をしていた。
>>続きを読む

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル(2003年製作の映画)

3.0

死刑制度の是非についての映画だったが、なんだかどんでん返しにこだわり、テーマが散逸していた気がした。
K.スペイシーにK.ウィンズレット、L.リニーと芸達者がそろっていたのに、なんかもったいない・・・
>>続きを読む

パリ、恋人たちの2日間(2007年製作の映画)

3.0

姉妹作品、"2 Days in New York"に一票、かな。

知らずに後続の"2 Days in New York"を先に見たので、つい比較してしまう(見る順番はストーリーにはあんまり関係ない)
>>続きを読む

ニューヨーク、恋人たちの2日間(2012年製作の映画)

3.5

クリス・ロックのギョロ目最高!

お互いの子連れで同棲しているミンガス(C. ロック)とマリオン(J. デルピー)は黒人男性と仏人女性のカップル。そんな彼らのNYのアパートに、写真家のマリオンの個展に
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

1.5

アニメも漫画もこれ以前の実写映画も一切見ておらず、存在だけを知っていた「るろうに剣心」。だからか、全く入り込めず、人気シリーズにもかかわらず残り30分を残して寝落ち・・・
まず、主人公にも悪役にも魅力
>>続きを読む

シャッフル(2007年製作の映画)

2.0

ダンナのしょーもない浮気としょーもない中年危機がSFに混ざってる上に、最後は急に宗教観入ってきて寝そうになった。
というか、機内上映に各航空会社はこれをマストで入れて欲しい。よく眠れそうだから。

2
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

4.0

30年以上前なのか〜
道理でデ・ニーロも走れてるわけだ。

保釈金を積んで釈放された横領の被疑者が行方をくらませた。
それを連れ戻す仕事を保釈保証業者から請け負ったのが元警官のデニーロ。容疑者はただの
>>続きを読む

この茫漠たる荒野で(2020年製作の映画)

3.5

私の中でアクションのイメージがあるP.グリーングラス監督ですが、まさか西部劇撮るとは・・・とはいえ、人情ロードムービーなので、ホコリ臭い西部劇が苦手、という私のような人にもおススメ。

19世紀後半、
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

バーで酔っ払ってソファで寝ている若い女性のシーンから始まる。一人で来ているのか、友達に置いて行かれたのか、周囲に知り合いがいる様子もない。やがて、「お持ち帰り」を狙った若い男が親切心を装って彼女に近づ>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.0

アカデミー賞監督、作品、主演女優賞、ゴールデングローブ作品賞を獲っていたが、あまり事前情報がないまま観てみた。まあ、「年いったおばさんがバンで生活」という事以外、あんまりストーリーはなかったのだが。>>続きを読む

ザ・インタープリター(2005年製作の映画)

2.5

アフリカ某国の言葉を話せる国連通訳(ニコマン)が偶然聞き齧ったのは、国連でスピーチする予定のその国の大統領暗殺計画だった。
その言語が分かる数少ない人間の職場で、彼女しか聞いていないという暗殺計画。彼
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.5

その道のプロ、そしてトップを目指すなら何を犠牲にしてもよいのか?はたまた犠牲にすべきか?

小顔ナタリー・ポートマンが、技術的には完璧だけれどもトップになるには何かが足りないバレリーナを熱演。白鳥の湖
>>続きを読む

アダプテーション(2002年製作の映画)

3.5

最初にみてから、20年かぁ!
しかし、ポスターがいいよね、これ。

ニコラス・ケイジが実在の脚本家、チャーリー・カウフマンと実在しないその双子の兄弟、ドナルドを演じる。
チャーリーは脚本家で、実在する
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2016年製作の映画)

3.5

ゾンビもの、全く興味がないんだけれど、バカバカしい設定をみんなまじめにやってて笑えた。

ジェーン・オースティンの古典、「高慢と偏見」にゾンビを足してみたら?というアイデアが面白い。日本でいうと、「源
>>続きを読む