撃てない警官のドラマ情報・感想・評価・動画配信

『撃てない警官』に投稿された感想・評価

mmm

mmmの感想・評価

3.5
こんなドラマばかり観ていたら、どこに正義があるのかわからなくなる。警察の闇、腐った体質。
連続ドラマW。全5話。
現場経験のない本庁所属のエリート警官が、罠を仕掛けられ所轄へ左遷されたところから物語が動き出す。
派手さはないものの、出世争いと復讐が入り乱れた内容は、新鮮でした。
noris

norisの感想・評価

4.2

原作を書いた安東能明という作家は知らないのだが、ここのところ警察小説にはまっているので、これはドンピシャである。警察版の「半沢直樹」みたいなドラマとしては「小さな巨人」があったが、あれは顔芸の張り合…

>>続きを読む

タイトルが撃てない警官だからPTSDの警官が出てくるのかと思ったら、やらかしてエリートが左遷され事務かたになった話なんですね。
警察の出世競争は露骨だな。自分が這い上がる為には周りを平気で踏みつける…

>>続きを読む

ハデじゃなくていい。
刑事モノなのに、人をやたらと殺さない。
日本の殺人事件は実際には少ないのに、ほとんどのドラマはやたらと殺したがるが、このドラマはそうじゃない。
そういう意味でリアル感はある、警…

>>続きを読む
Penpenking

Penpenkingの感想・評価

4.0

原作小説を読んでませんが、本庁から左遷された警官が飄々と事件の真相に迫っていく。しかも警察内部のマイナス評価を受けないように時に警察内部の裏取引を巧妙にしながら。全体にその飄々とした雰囲気に合うギタ…

>>続きを読む

2時間ドラマで充分な題材かなぁ〜
5話構成になってるけど、パンチが足らないというか、結局、何か解決した⁈って感じ⁇
嶋田久作が良かった!色々な警察官出てきたけど、一番マトモなんじゃない?笑
刑事ドラ…

>>続きを読む
モヤモヤ始まってモヤモヤした嫌な気持ちのまま終わってしまった。でもなんか吸引力がある。嶋田久作のせいかしら。

警察は現場刑事だけじゃないよねそりゃ。
Gaku

Gakuの感想・評価

4.2
所轄にとばされた、本庁のエリート警察官が奮闘するところに共感した
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.6
安東能明 原作
脚本 安倍照雄
警察組織の中でも一握りのエリート候補。
警察組織

見た。

あなたにおすすめの記事