フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズのドラマ情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks
  • イギリスドラマ
  • フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズの情報・感想・評価・動画配信

「フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

5.0
0
ブシェミにつられて見始めたけど好みどんぴしゃのやつでした。
しばらくこれを観ます

今のところ4と3が好き
お

おの感想・評価

-
0
不穏
現実世界が今このドラマで描かれているようなディストピアになりつつあるのが何より怖い
Ryo

Ryoの感想・評価

4.5
0
Amazonプライムオリジナル。
クセが強く好みは別れそうだけど、クオリティー高め。
5.フードメイカー と 9.地図にない町 がお気に入り。
ミシェル

ミシェルの感想・評価

4.2
0
ちょっと前に見たので思い出し記載…

フィリップKディックやSF好きな人には絶対見て損はないと思います。

短編で見られて良いです。
オープニングもお洒落で好き。
作品によっては、面白さ?というか色々振り幅に差を感じるけども良い。

個人的には1、2、3あたりが印象に残ってます。
masa

masaの感想・評価

3.9
0
映画級のクオリティのSFショートストーリーズ。

フィリップ K ディック好きとしては見逃せない!と期待して観たが期待に違わない完成度。
映像、キャスト、ストーリー申し分なし。
エピソード毎にバラエティに富んだ演出、ストーリーで次から次へと観られる。

気軽にSF世界に浸りたい時、奥行きのあるストーリーに考えを巡らせたい時、色々なシチュエーションでも楽しめるのもよい。

(ep5まで観たところでの中間レビューです)
たまこ

たまこの感想・評価

3.8
0
SF作家フィリップ・K・ディックの短編小説をもとにした、1話完結型のドラマシリーズ。全10話。

作家のことは知らなかったけれど、数話観て『ブレードランナー』や『トータルリコール』の世界観と近いことを感じた。

どのストーリーもキャストが豪華で物語の完成度も高いが、わたしが特に好きなのは2、3、9、10話目かな。少しだけご紹介。


3. 人間らしさ(Human Is)
厳格で冷酷な軍曹であるサイラスは、異星での危険なミッションから生還する。妻のヴェラは、戻った夫が以前の夫では無くなっていることに気づくが…。

どこかで何度となく見た展開なれど、冷め切った熟年夫婦間の仲が温まっていく過程には胸を打つものがあった。

『ブレイキング・バッド』のパンツ一丁でメタンフェタミン作ってる姿が板に付いていたブライアン・クランストンだが、演技がこんなに繊細だったとは知らなんだ。

『ブレードランナー2049』にも重なるけれど、地球外生命体やアンドロイドが心を持った時、「人間らしさ」がどういう意味を持つのか、というのがディックのテーマなのかもしれない。


10. よそ者を殺せ(Kill All Others)
工場勤務のフィルバートは、大統領候補がテレビインタビューで語った公約に「よそ者を殺すこと」というのが挟まれていたことを聞き逃さなかった。
職場やSNSでその話をするも、誰も関心を示そうとしない。そんなうち、人々はフィルバートを「よそ者」と見なし始める。

これってもはや未来の話ではなく、今現在起きている事じゃないかな?

キャッチーなもので目眩しされて大事なことが見え辛くなってないか?
権力者の放つネガティブな言葉がいつの間にか市民の思想に浸潤していってないか?

某国ではどうでもいい弱小議員の選挙法違反が毎日取り沙汰されて、お座なりなコロナ対策や直近に迫った都知事選のことがなぁなぁにされてたり。

某大国では大統領がヘイトスピーチをさらさらと呟き、排他的思想があちこちでうじゃうじゃと増殖してたり。

日々常に政治のことなんて考えてなんていられないけれど、おかしいものをおかしいと思える感覚は研ぎ澄ませておく必要があるね、という教訓的な作品。


SF好きならずとも楽しめる、かなり満足度高いシリーズ。
次シーズンもあるなら期待大。
1話完結。フィリップKディックの作品に基づくドラマ。一気に興奮するような話ではなく、じわじわと確実にのめり込んでいく。人間とは何か。人間とアンドロイドの違いは何か。
最後結局どういうことだったんだという話もあるので観た人と語りたい。
OKWR

OKWRの感想・評価

-
0
1話完結で見やすかった。
ただ、話によって監督も変わるのでエピソードによって好みは分かれた印象。
現代の技術をもってしてもフィリップ・K・ディックの世界を再現するのは難しいかもしれない、とも。
映画一本(2時間とか)見るのはしんどいけど、寝る前にちょっとSF観たいなぁ~って時にバッチリ。
taiga

taigaの感想・評価

3.5
0
オープニング何度か見てると癖になる。
なかなか硬派な作品が多くて連続でみると胃もたれするかもだけど、嗜む程度にみればしっかり味わえます。

フィリップ・K・ディックの映画につきものの悪夢的なディストピアやガジェットのカッコよさはあれど、脚本や撮り方は割と各話の監督に強く依存してる感じ。
>|