トレッドストーンのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「トレッドストーン」に投稿された感想・評価

GufuGelgoog

GufuGelgoogの感想・評価

3.7
0
ジェイソン・ボーンと繋がるこの物語

なかなか作りが良い

1話見ての感想 これから楽しみ

是非 ジェイソン・ボーンのシリーズ全部観てから

内容はジェイソン・ボーンの時代よりも遡った時代の設定と現代とのストーリー
鶯君

鶯君の感想・評価

-
0

このレビューはネタバレを含みます

伏線というか今後の展開を期待してたのにまさかの打ち切りとは…最終話のあの後はどういう展開にしようとしたのでしょうかね?
MaruFuku

MaruFukuの感想・評価

-
0
スコアがつけれません
こういうの評価する術を持ちません

こんだけ点と点が繋がり始めて気持ち盛り上げられて。
打ち切り知ってたら見んかったし…
310

310の感想・評価

3.7
0
コントロール可能な暗殺者の創成当時とその後を中心に、数カ国で繰り広げられるスパイ劇。
ここまでハイレベルな群像劇ドラマは久しぶり。

ボーンシリーズと大いに関係してて、これが完結したらボーンも一気見しようと思うくらいには面白かった。だけどこれ打ち切りだよね?もったいない……そりゃああんだけ予算注ぎ込んだらね…。
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.7
0
2019年のテレビドラマなわけですが、「ジェイソン・ボーン」のお話の中に出てくるCIAの暗殺者が《トレッドストーン》。そしてこのモチーフから話を膨らませていったと。
しかし残念なことに10話分、1シーズンで打ち切られてしまいました・・。

わけわかんない散発的な情報が、ようやく結びついてきて、ここから!ってタイミングだったのにね。たぶん誰ももう話をまとめられず、いや、まとめられはしてもそれが面白くなかったのかな?

なにせ凄いっすよ、時間は冷戦期、並行して現代のエピソードもあり、場所は場所で北朝鮮、韓国、ブダペスト、ベルリン、パリ・・からアフリカ大陸にも行くしかなりこんがらがります。

ひとつに、北朝鮮の特殊部隊員役でハン・ヒョジュが復活している点もポイントです。
彼女ね、弟のことやらで結構韓国国内でバッシングを浴びていてなんか可哀そうなんです。懸命に頑張る中、このドラマに出演して「久しぶりに役者が楽しいって思えた」そうです。たぶんアクションシーンで生傷絶えなかったと思いますが、カッコ良かったです。
anguish

anguishの感想・評価

2.5
0
全10話

「ジェイソン・ボーン」シリーズの劇中で出てくる「トレッドストーン計画」に纏わる話。第1話の高揚感とは裏腹に風呂敷を広げた割に中身は小粒で魅力がない。セミと呼ばれる後天的に記憶を操作された工作員が多数暗躍する群像劇だが切り替えのタイミングが激しく理解に追いつかない、そりゃ打ち切られるわ。

1973年と現代を織り込んで進行していくけど相乗効果はないし、老いた人物が出てきているけど余りにも似ていないので気付くのに中盤までかかりましたw ジョン・ランドルフ・ベントリー(ジェレミー・アーヴァイン)が主人公だけど恐ろしく活躍せず魅力がない。第9話の終わりに小さな驚きがあるそれだけかな。

格闘アクションがそこそこ見れますが「トレッドストーン」の何たるかは分からず終い(分かった所でどうやねんだけど)完全に続編を作る嫌らしい終わり方なので余程のファンじゃない限りお勧めしない。

20210801
映画のスピンオフドラマではあるものの、アクションのスピード感や迫力はかなり映画より落ちますね。
それと時系列が飛びまくるし、場所も頻繁に変わってストーリーがわかりにくく、イマイチ視聴率にも影響したのではないでしょうか?

続編を作るつもりだったのでしょうが、打ち切りとなりなんと中途半端なラスト。
ジェイソン・ボーン誕生の謎が解明される興味深い内容だっただけに残念💦

WOWOW録画
MayumiM

MayumiMの感想・評価

1.8
0
ソヨンの悲劇には大いに同情できたけど、リードキャラクターの苦悩には全く興味を覚えられなかった点がイタい。もうちょっと要領のいい展開を楽しめればよかったのかもしれないけど……。
核心にせまる感じだったのに、打ち切りなんですか?!

もう体ごと窓割って逃走したり、屋根の上走ったりしてくださらないのですか?!
(;ω;)

打ち切りだなんて知りたくなかった。
続き知りたい。ペトラとベントリーどうなったんだよー!
ナツミオ

ナツミオの感想・評価

3.9
4
WOWOW録画鑑賞
ジェーソン・ボーンの世界観を広げたTVドラマ。

CIAの極秘計画トレッドストーンが生んだ人間兵器が、再び覚醒する。映画「ボーン」シリーズの世界観をスケールアップしたスパイアクション・スリラー!
TVシリーズ全10話。

展開が早く、場所も世界各地、過去(1970年代東欧)と現在が交錯、登場人物も多く密接に絡み合うストーリー。
結構、お金がかかってそうな作り。
ラストは、次に繋がる展開⁇
続きが観たくなる‼️
と思いきや、
2020年5月シーズン1で打切決定。残念……

KGBの若きエリート
過去のペトラ・アンドロポフ役エミリア・シューレの美しさと存在感!
現在のペトラ役ガブリエル・シャルニツキーも良いが、あまり似ていない⁈

なかなか楽しめたが、シーズン2を見据えた作りだったので、モヤモヤ感が否めない。

またボーン・シリーズも見返したくなる。

原題 『Treadstone』

2019年米作品
製作総指揮 ティム・クリング、他
出演 ジェレミー・アーヴァイン オマー・メトワリー トレイシー・イフェアチョア ハン・ヒョジュ ブライアン・J・スミス ガブリエル・シャルニツキー エミリア・シューレ ミシェル・フォーブス

日本語字幕 林沙耶香


以下、ネタバレあり
忘備録のあらすじ


#1 『セミのプロトコル』
鑑賞日 2021/5/4 吹替版
スコア 4.0
(WOWOW番組内容より)
1973年、東ベルリン。KGBはある施設で、洗脳や催眠によって危険な極秘任務も遂行できる人間兵器”セミ“を作り出す実験をしていた。調査中にKGBに拘束されたCIAエージェントのジョンは被験者となるが、洗脳の途中で計画を主導するマイズナー博士を殺し、逃亡する。時は流れ、現在のロンドン。北朝鮮のクォン将軍は元記者タラと接触し、「セミが覚醒を始めている」と告げた後に不審な死を遂げる。

#2 『既知の陰謀』
鑑賞日 2021/5/22 字幕版
スコア3.8
(WOWOW番組内容より)
1973年、CIAベルリン支局にたどり着いたジョンだったが、支部長のコーラーに二重スパイの容疑をかけられ再び逃亡する。現在のCIA本部。エージェントのエドワーズは"トレッドストーン”の復活の企みを阻止するため、計画に関わった行動変容の専門家ウェルズのもとへ向かう。
一方、北朝鮮では主婦のソヨンがゲーム機の音で覚醒しクォン将軍を殺害するが、息子にゲーム機を渡したのが夫の上司シン大佐だったと知り……

#3 『ベルリンの提案』
鑑賞日 2021/5/26
スコア4.0
(WOWOW番組内容より)
現在のパリ。クォン将軍に娘の安全を託されたタラは、間一髪で北朝鮮の追っ手から逃れエクアドル大使館に滑り込む。その頃モスクワでは、隠していたミサイルに気づいた夫を葬ったペトラが、かつての同士マックスに電話をかけていた。ユーリとともに会う約束をしたその夜、ペトラは近所の住人を装った刺客に襲われる。一方、ダグはエクスポ・オイルから解雇され北極からアメリカに戻るが、ある夜、自宅に不審な男が現れ……。

#4 『ケンタッキーの契約』
鑑賞日 2021/6/5
スコア3.8
(WOWOW番組内容より)
現在のアメリカ。ダグは妻サマンサが殺した男の死体を捨てに行く。夫を守る為の殺人だったが、ダグはサマンサの銃の腕や死体処理の様子に疑念を持つ。一方、エドワーズはウェルズとともに収監されているセミの一人、ヘインズを訪ねる。誰が覚醒させたか聞き出そうとするが、催眠で記憶を取り戻しかけたヘインズは激しく取り乱す。その頃、CIA本部ではエドワーズの上司エレンがレイ上院議員とロシアとの関係を疑っていた……。

あちこちに場面が飛び、展開が読めない。トレッドストーンの闇が少しずつ露わになる。

#5 『ベントリーの嘆き』
鑑賞日2021/6/13
スコア4.0
(WOWOW番組内容より)
1973年、ブダペスト。ジョンは同僚マシスンの行方を追ってあるバーに行くが、そこで自分を知る男から、記憶が消された間の手がかりを掴み、あるアパートへ向かう。
現在、ガーナ。タラは収監されている昔の仲間セバスチャンを訪ね、核ミサイル"ステァレットウ6“を売ろうとしている元KGBのユーリと連絡を取りたいと頼む。
その頃、北朝鮮のソヨンは司令通り中国へ行き、待っていたニラに封筒を渡すが……。

#6 『ハデスの覚醒』
鑑賞日 2021/6/19
スコア3.8
(WOWOW番組内容より)
1973年、プダペスト。ジョンはクラブに行き見知らぬ女にもらったドラッグで、消えていた過去の記憶を徐々に思い出す。ジョンは自分が囮になって同僚ファーガソンを逃したためにKGBに捕まっていた。優秀な被験者となったジョンは洗脳と拷問によってペトラの思うままにされていく。
現在、アメリカ。ダグは任務として麻薬強奪作戦に加わり標的の女を殺すが、その後、仲間の裏切りで警察に追われ……。

#7 『逆説のアンドロポフ』
鑑賞日 2021/6/23
スコア4.0
(WOWOW番組内容より)
現在、ミコノス島。ペトラは大富豪となったユーリがレン上院議員と接触するのを見ていた。
農場で25年間ミサイルを守ったペトラは、それを売りに出したユーリを責めるが、ユーリは犠牲と献身では何も解決しないと追い返す。その頃ソウルでは、ソヨンが家族を人質にしたシン大佐を密かに追跡し、あるクラブでのロシア人との密談を突き止めていた。一方、タラはベルリンで昔の仲間たちとミサイルについて調べようとするが……。

#8 『マッケナの抹消』
鑑賞日2021/6/29
スコア4.0
(WOWOW番組内容より)
現在、モスクワ。
タラはノーランを訪ね、殺された仲間のために協力して欲しいと頼む。ノーランはとレッドストーンやユーリの情報からKGBの”セミ計画“を突き止め、タラは資料のある公文書館に潜入する。
その頃アメリカでは、CIAがヘインズとエドワーズを追っていた。エレンが拒んだ攻撃命令をレヴィーンが強引に出すが、攻撃直前に2人は投降する。その後、エドワーズはヘインズが殺したCIA職員のことを調べるが……

#9 『ソウルの収容所』
鑑賞日2021/7/10
スコア4.0
(WOWOW番組内容より)
1973年、ブタペスト。
心を通わせるようになったペトラとジョンは、生きていたマイズナー博士のもとでまだ訓練されているマシスンたちを捜すため、洗脳されたふりをしてユーリのもとに戻る。
現在、アメリカ。ダグとサマンサは生き延びるためにそれぞれの道を行くことを決断し、サマンサは組織への復讐を試み、ダグは自分を殺そうとしたビンセントになりすまして、殺すよう命じられたコロンビアの首長のもとに向かっていた……

#10 『セミの契約』最終話
鑑賞日2021/7/17
スコア4.3
(WOWOW番組内容より)
1973年、ルーマニア。
ジョンはマイズナー博士を殺してマシスンとともに逃亡する。
一方ブダペストでは、ペトラがCIAのコーラーに捕まっていた。
現在、ロシア。ペトラを訪ねたタラは携帯電話に届いた写真で覚醒し、自分がセミであり標的がユーリだと知る。一方、CIA本部では、タラを覚醒させた人物が、インターポールと接触しようとしていたエドワーズを、再プログラミングしたヘインズに殺害させようとするが……。
>|

あなたにおすすめの記事