2020年 五月の恋のドラマ情報・感想・評価 - 2ページ目

2020年 五月の恋2020年製作のドラマ)

公開日:2020年05月28日

製作国:

4.1

「2020年 五月の恋」に投稿された感想・評価

Mrsフロイ

Mrsフロイの感想・評価

3.2
0
時節柄リモートドラマ、テレワークドラマと言う新ジャンル?のドラマ。
画面が固定されているだけで無く、制作過程も役者や演出家が会う事無く、台詞合わせも打ち合わせも電話で済ませたと、大泉洋がインタビューで語っている。
吉田羊とのスマホ越しの二人芝居。
何やらラジオの様な塩梅。最後に二人が映るスマホ画面の外から聴こえる音がドラマに繋がる。

実際のリモートワークでもこの画面の外から聴こえる音が、中々の曲者。大事な得意先と打ち合わせ中に、ピーポーピーポーの救急サイレンだったり、いきなり自宅の固定電話が鳴ったり!
いやはや。。
リモートドラマとはどんなものかと思いましたが、これはワンシチュエーションの舞台に近いものがありますね。
状況がコロナの世界という以外はあまり目新しい話ではないし、脚本も大きな盛り上がりはない。背景もほぼ一緒。
何が良かったかって大泉洋さんと吉田羊さんのお芝居です。ストーリー云々より、お二人のお芝居に引き込まれて黙って見入ってしまう、まさに舞台と同じ感情が沸き起こるドラマでした。
きんきん

きんきんの感想・評価

2.4
0
今年流行らざるを得なかったリモートドラマ
キャラ立ちしている2人なのでドラマなのだけど本当にこんな会話している元夫婦と思わせる巧さ
トムハンクスとメグライアンみたいなラストって事でイイのかな(笑)
さささ

さささの感想・評価

-
0
こういうリモートドラマのワクワク感すき
演ってる側も楽しそうなのが伝わってきて良い
この二人だけの世界を覗き見ているみたいでニヤニヤしてしまう
大泉洋と吉田羊の演技力ハンパないです。
ただ電話でやり取りしてるだけなのに、見入ってしまった。
元夫婦でもお互いを思いやる姿に癒されました。
久しぶりに突然、電話がかかってくるなんて
最高の設定でした。
何かちょっと昔の恋愛の匂いがして、何か応援しながら
見てました。
毎話、15分という短さも良かった。
ramca999

ramca999の感想・評価

4.2
0
コンテンツのパワー感じたー!
岡田さん・大泉洋・吉田羊さすが!

コロナ禍にみんなの元気を出すために作ってくれた作品。
メッセージ性が強くあって、エンタメとしてもとても楽しみやすいほっこりエピソード。

みんな戦士!

大泉洋と吉田羊だから、キャラが想像できて短編でも勝手に人柄とか背景補完できた気がする。
この2人ならラジオでもいけるなあ。やってほしい。
あゆみん

あゆみんの感想・評価

4.0
0
すごーく良かった!

負けず嫌いで、素直になれない頑固なユキコさんが、なんか自分に似ていて、時折感じる元夫さんの優しい口調に泣きそうになった。
会話の内容もリアルで、ツボだったし、ちょっと笑って、ちょっと泣いて、いいドラマだった。

別れちゃったふたりだけど、またいい関係になって欲しいな。
アリサ

アリサの感想・評価

4.0
0
心が温かくなるドラマだった。
特別なことは何も起こらないけど、元夫婦という関係性の二人の会話が素敵。吉田羊さんと大泉洋さんのやりとりがリアルだし、ずっと見ていられるな〜という感じ。

作品として形になるまでの期間もかなり短くて、制作のスピード感にもびっくり。

ご無事でという言葉の温かみ
Hey

Heyの感想・評価

4.5
0
どこかにありそうな日常を切り取ったような、それでいて切り取る価値のある日常を映したドラマだった。

固定カメラと会話だけという厳しい制約の中二人の演技力には脱帽。見ているうちにいつしかこの男女の幸せを願うようになっていた。

コロナ禍で製作途中だったドラマや映画は中断を余儀なくされ、映画館や劇場の存続さえ危ぶまれるなかエンターテイメントは死なないことを教えてくれたWOWOWに感謝したい。
大泉洋さんと吉田羊さんが元夫婦を演じる会話劇。
間違い電話から始まった久し振りの会話。
泣かせたり、笑わせたり、とってもいい雰囲気。
最後の「ご無事で生きよう」が温かくなりますね。
良かったなー。