お花のセンセイのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「お花のセンセイ」に投稿された感想・評価

華道家元の女性・鳳丸子(沢口靖子)が社会の闇に直面しながらも、新人議員として“世界一の誠実さ”をモットーに奮闘していくさまを描く。
街頭で挨拶していると外国人の女の子が近くに来て「お父さんを助けて」と。話しを聞くとお父さんが同僚の財布を盗み、そして殴って怪我を負わせたという。
主人公の名字が鳳だから、オードリー・ヘップバーンとかけられて、新聞で揶揄される。
なっこ

なっこの感想・評価

3.1
0
*前半ところどころ流し見後半途中から視聴

記者に囲まれたラストシーンでようやく、ローマの休日へのオマージュなのだと気が付いた。

新聞記者とお嬢様

“ローマ!”ではなくて、彼女の活躍の舞台は永田町なのね。
マリコさん以外の彼女も素敵。衣装も可愛かった。シリーズ化して欲しいな。
べりす

べりすの感想・評価

2.2
0
予想通りの展開なのとなんか昼間に再放送でやってそうな雰囲気だった。
いきなり政治家になったお花の先生に町中で話しかけてきた少女が「お父さんを助けて」と。
外国人のお父さんがにっくうで働いてるけど泥棒して捕まった。でもパパはそんな人じゃないと訴えて必ず力になると言ってしまう。
永田町では必ずなどは言ってはいけないと怒られたが本気で力になろうと奮闘する。

国が掲げているインバウンド政策に切り込む。

みたいな感じ。

ちょっとなぁ、時期的にも。
というのもちょうど今日、友達がインバウンド店がコロナの影響で観光客が来ないのでたくさん閉店していてそこで働いてた人たちが応援要員で来るときがあるけどそもそも時短勤務だったり今忙しくないので人員が余っている、インバウンド店は中国人しかいないお店とかもあって今後会社としてどうしていくんだろう的な大手の化粧品会社の話を聞いてたところだったんだよね‥。