覚悟のススメ・第壱巻の作品情報・感想・評価

「覚悟のススメ・第壱巻」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.9
チャンピオンで連載されたいた山口貴由の漫画のOVAだそうな。原作は未読だが、絵柄が個性的だし認識はしていた。
このOVA自体は全10巻の予定が2巻で打ち切りになった物らしい。まぁ作品を見るとその理由も判らなくはないな。

世紀末に核汚染による環境破壊で荒廃した日本。戦術鬼なるクリーチャーが暴れる世界で、強化外骨格なる装備で人々を守る葉隠覚悟の活躍が描かれる。
戦術鬼を操っているのは覚悟の兄ハララであり、兄弟を鍛えた父も殺した相手との事。

あれだ。まんま北斗の拳だ。

だが作風がだいぶ違う。まず学園モノとして新入生として転向してくる。
キャラもかなりマンガ的デフォルメが効いているのが特徴だ。更に戦術鬼なるクリーチャーに全然エロみを感じない性描写を盛り込んでいる。
最初の戦術鬼は太ったボンテージの女でオッパイ丸出しだ。でもエロくない。

調べたら覚悟の修めている体術は旧日本軍由来のモノらしい。で旧海軍みたいな制服なのね。名前も葉隠れだし、妙に右翼っぽい設定が好きなんだな。
強化外骨格を切るときは「瞬着」だって。これはギャバンの「蒸着」のオマージュやね。

デストピア系アクションはとかくB級感が否めないが、絵柄と作風により更にC級感を煽るね。

ヒロインのデカリボンが堀江美都子なんやね。キャラも堀江ツミ子だそうな。ちゃんと歌のシーンもある。どうせならテーマ曲も彼女にしたら良かったのに。

あなたにおすすめの記事