ジュピター・レインの作品情報・感想・評価

ジュピター・レイン2022年製作の映画)

Jupiter Rain

製作国:

上映時間:18分

3.1

あらすじ

「ジュピター・レイン」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

3.5
SSFF INT3 『ジュピター・レイン』

いきなりアニメ、かつ日本語音声で始まるから、カテゴリー間違えたかと思った。

日本のアニメが大好きなスペインの女の子が主人公。日本のマンガの本を探していて、何度も直接日本の出版社に日本語で電話をかけるのだが、マジで何言ってるのかわからない。

その意味不明だった日本語の意味が結実するラストは素晴らしいが、アイデアはおもしろくても全体的にまとまりがない。
ポチ

ポチの感想・評価

3.0
女の子は可愛いし、雰囲気が不思議で……
ずっと雨が降る世界も面白い( •᷄ὤ•᷅)✨

漫画が好きな彼女は、カタコトの日本語で欲しい漫画を探すもなかなか見つからず💦

……探している作品の内容と、彼女がどんどんリンクしていく( ˊᵕˋ*)✨
不思議なのは良いが意味はわならなかった💦
Leaf

Leafの感想・評価

3.4
SSFF&ASIA 2022

かなり不思議な印象の作品。
ストーリーの輪郭はボヤッとしていて、正直一度観ただけではよくわからなかった。
ただ、色使いだったり表現方法はどこか心地よく、個人的には結構好きかもしれない。

本気の日本語練習中みたいな話し方を聞いたの実は初めてな気がする。
流石にこれを理解するのは難しいけど、もうちょっとなんとかしてあげたいな...
英語やっぱり大事...
上旬

上旬の感想・評価

2.9
スペインの短編
ではあるが日本語が多く使われている
黄色を基調としたカラーコーディネートはいいが、ちょっとふわっとしすぎてて掴みどころがない
とある日本の漫画を探すイオ。
キーワードは「猫」「たくさんの雨」「最後はダイヤモンドの雨が降る」
慣れない日本語で問い合わせても取り合ってもらえない。

イオと猫と黄色い傘と謎の女性が出会った時に訪れる奇跡がとても不思議で幸せで、途中で出てくるアニメーションがキラキラ眩しかった。
すこしふしぎなファンタジーで良かった。
SSFF & ASIA 2022 インターナショナル プログラム部門

日本大好きっ娘が、ある漫画の題名を探したいけど、国際電話をしても日本語が日本人に全然通じないファンタジー映画。

挿入アニメの作風は、「天気の子」と「プロメア」のミックス。
ところどころ、日本映画で見覚えのある場面や生活習慣も取り入れている。
が、そういうシーンに入ると、心なしか主人公の精神年齢が低く見えてくる。
おそらく監督自身がかなりの日本オタク。
好意的に描いてくれているんだろうけど、海外から見る日本は幼い子供のイメージなのだろうか…と思うと複雑。
実は、ジャパニメーションを意識したファッションブランドの宣伝だったりする?

あなたにおすすめの記事