広島カップ

エイリアン3の広島カップのレビュー・感想・評価

エイリアン3(1992年製作の映画)
3.0
『エイリアン2』は続編物としては良いできだったのでプレッシャーのかかる製作だったのではないでしょうか?
その期待に応えたかったのか、火中の栗を拾いに行ったのか、新星デビット・フィンチャーの登場でした。作品は全体に小粒になったなあという感じですが、新展開もみせていい感じで仕事しました。
囚人だらけの監獄の星を舞台にして、やはり閉鎖空間での殺るか喰われるかのバトルです。
エイリアンが他の生物のDNAを取り込む懐の深さをみせてくれました。リプリーも前作の“母性“から一転、丸坊主で気合いをみせ、囚人の男共を圧倒する“男性“をみせてくれました。
私としては純正今シリーズはこれにて完結という感じです。