エイリアン3の作品情報・感想・評価

エイリアン31992年製作の映画)

ALIEN3

製作国:

上映時間:115分

3.2

「エイリアン3」に投稿された感想・評価

「監督てめえこそエイリアンだ!」とシガニーウィーバーに罵られ、結果作品も酷評され、結果「また映画撮るくらいなら、大腸癌で死んだ方がマシだ!」とまで吐き捨てたデヴィッドフィチャーのほろ苦い映画デビュー作。

フィンチャーがここで本当に映画監督を辞めてたら、「セブン」も「ファイトクラブ」もなかった訳で、そうなってたら今の俺はいないよ。
240

240の感想・評価

3.1
リプリーのいる場所には絶対エイリアンがいる…コナンかな👶
ラストは衝撃だったなあ
fusemasa

fusemasaの感想・評価

2.5
むむむ、なかなかに不評が多い意味が分かる。
主人公リプリーの正義感をもっと映してほしい。というのも終始人を信用してなくて秘密主義で独断で行動することが多かったけど、耳を傾けてくれる医者がいたにもかかわらずそいつにすらも無視笑笑
なにより腹が立ったのがその医者とは結構関係を作っててリプリーのことも考えてくれてたのにエイリアン登場で瞬殺、なおかつ悼む描写もなし、それは悲しすぎる。

2作目のバトル映画は好評でどんだけエイリアンでてくんだよと思って、いざ3作目は1作目と同様一体しか登場しない。同じ条件下でなら視点を変えて人間同士のドラマとかを観たかったな。

ネットで調べたらデビッドフィンチャーは酷評の嵐で映画を作るくらいなら大腸癌で死んだ方がましと言っていたらしい。笑笑
監督デビュー作ということもありこれはさすがにメンタルくるけどその後「SEVEN」やら「FIGHT CLUB」やらと見事に巻き返した事を思うとつまづいて良かったのかなとも思う。
この作品を観て、失敗のないところに成功はないと悟った。笑笑
ぎゃ

ぎゃの感想・評価

2.5
前作でも主人公リプリーからそういう様子は伺えたが、自分は黙っておいて「あとから自分が正しかったことがわかる」とでも言わんばかりに独断専行が非常に目立つ。
確かに、誰も話を信じなかった経緯はあるが、理解を示そうとしているクレメンスにも同じようにしていては結局のところ自身が最も恐れているであろうエイリアンとの”再会”の不安がなくなることは無いと思う。

それにしても、前作であんなに苦労したのにその希望が冒頭には既に消えてしまっているのは不憫でしかたない。
正直、「なんてことを…」と思った。

終盤の狭い通路を走り回るシーンでは、おそらくエイリアン視点となっていると思われるが、ちょっと唐突で意味がわかりづらい。

囚人のキャラクターなんかは割と好き。
3以降は初見、且つ、デヴィット・フィンチャー監督なのでどんなものかと鑑賞。

2のリプリーの頑張りが見事に水の泡になるオープニングで笑った。

良くも悪くも予想通りのストーリー。
"あいつが戻って来た"

真の意味で、リプリーとエイリアンの因縁の闘いが始まる。

前作のラストで脱出時にリプリーらが搭乗したスラコ号。

地球への帰還中に艦内で火災が発生し、コールドスリープ中の搭乗員は緊急射出される。

落ちた先は囚人惑星フューリー。

だが、墜落時にリプリー以外は死亡してしまう。

艦内には予期せぬ搭乗者が居たのだ。

クイーンが艦内に生みつけた卵から孵化したフェイスハガーが、既に潜んでいたのだった。

墜落後の救助時、犬に寄生して生み落とされた四つ足生命体。

それが囚人たちを襲っていく。

そしてリプリーの身体にも変調が顕れる。

彼女の身に破にが起きたのか?

地球から本社の救出部隊も訪れる中、最悪の結末が訪れる...。

主演のシガニー・ウィーバーが、本作のために坊主になったことが話題を呼んだ作品だ。

人間以外への寄生が可能であると、エイリアンの定義を拡張した作品でもある。

「犬」を宿主とした「四足エイリアン」の動きは人型より俊敏で、壁や天井裏を素早く移動するシーンもあり、『エイリアン』シリーズの世界を拡張する意味でも面白い作品に仕上がっている。

だが、「卵」の存在を排除してしまったため、「無作為に攫われる恐怖」「無尽蔵に湧いてくる生命体の脅威」は薄れてしまい、失敗のイメージがある。

人気シリーズの続編はファンの意向を汲むことが難しく、予想以上に非難されるものだ。

本作も根本的に失敗作という訳ではなく、前二作を超えられらなかっただけという側面が強いのだろう。

続編を匂わせる描写もあり、単体としてはそれなりに観れる作品になっているレベルだと思う。

2018/09/15
タカ

タカの感想・評価

3.3
エイリアン第3弾

急にしょぼい展開のこの作品。
監督も素晴らしいから脚本があれなんなんかなぁ。イマイチ盛り上がらない。

怖さ、展開、よりグロさに振れちゃった感じの映画になってるかなぁ。

追い詰めていく作戦、いつもやるんだけどどうしても上手くいかないよねぇ笑

もうちょっと恐怖感を煽る演出欲しかったなぁ
エイリアンが居ることに満足してしまってる
人からじゃない、がいい設定なのに活きてない
だけど、あれよ?嫌いじゃないよ?エイリアンだから。
vivi

viviの感想・評価

3.8
みんな丸坊主の鳳仙高校に紛れ込んだリプリーはまさかのエイリアンに寝てる時に孕まされるという事態。
みんな走り回って走り回って大変な鳳仙高校はメガネの大活躍もあり、完全決着!
1と2よりも血肉飛び散るシーン多いなっていう感想
1では猫は殺されないのに、犬からは生まれるのにびっくり😳
りりり

りりりの感想・評価

4.1
お腹からピギャー!

ほんま、リプリーを死なせてあげたい…

ロクでも無い彼らの最期。
最高やん。
よく揉めた。走った。スイッチ押した。
鉛の雨を降らせた。
頑張った。
ありがとう。
>|