広島カップ

ハスラーの広島カップのネタバレレビュー・内容・結末

ハスラー(1961年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

“疾風(はやて)のエディ“。
アっという間に玉を沈めてしまう凄腕ハスラー。
若くて才能もある彼だが、セルフ・コントロールに難がある。
名うてのハスラーである“ミネソタ・ファッツ“との一騎討ちも、あと一歩のところまで追い詰めるが己を見失い勝利を逃す。その後エディは多くのものを失い転落していく。「俺はルーザー(敗残者)か?」彼は自問自答し、もがきながら立ち直っていく。
そして迎えたファッツとの再戦の日。「俺は生まれ変わったぜ」彼はファッツを圧倒した。

この血気盛んなギャンブラー、エディを演じたのは若かりし頃のポール・ニューマンです。
彼の最大の魅力はふとした時にみせる伏せ眼がちの表情です。「なぜ俺は上手くやれないのか」、若さと自信溢れるハスラーが時折みせる内省的な表情は他の役者ではなかなかできないものです。T.クルーズには絶対無理です。