ぜん

天使にラブ・ソングを…のぜんのレビュー・感想・評価

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)
4.5
【どんな環境でも楽しむこと】

クラブで歌手をしていたデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)
彼女は愛人であるヴィンスが裏切者を殺すところを見てしまった。
マフィアから追われる身になった彼女が
警察からここなら安全だとかくまわれた場所は"修道院"であった。

歌手から一転尼僧になったデロリス。
最初は、堅苦しい環境から早く出たいと思っていたが、歌手の経験を活かして聖歌隊を現代風に変革。
個性的な尼僧の仲間とともに人気者になっていく。

原題:Sister Act
これを『天使にラブソングを』という邦題にしたのはセンスの塊ですね。

そして本作は邦題だけではなく、映画として起承転結があり、まとまっています。
主役であるデロリスも個性的で面白いですが、周りの尼僧のキャラクターも個性が際立っていて、笑顔になる映画です。
こんなパワフルなおばあちゃんいたら
元気になりますね。

主役のデロリスは追われる立場にも関わらず、置かれた環境で自分らしさを忘れずにみんなを巻き込んで楽しんでいます。
どんなときにも前向きに自分らしく生きることは真似していきたいですね。

また何度も観ることになると思います。