mingo

狂った野獣のmingoのレビュー・感想・評価

狂った野獣(1976年製作の映画)
4.2
渡瀬恒彦のガチバス鬼畜運転に最高!!!の一票を入れたい。スタントなしでバスを横転させることができる俳優は狂犬おまえだけだ。

やっと観ることができたわけだが、想像より狂ってた。ハイジャックを逆ジャックする内容まではわかっていたのだが、乗客全員狂ってるのも最高。歩道橋の上からバスに飛び移ろうとする警察官室田日出男が飛び移れなくて落下して血を流すとこはこんなん観たことない監督ほんまもんや!って思った。渡瀬恒彦より中島貞夫監督本人が一番狂った野獣だった傑作。

何より見ものは車何台おしゃかにしたんだっていうカーアクション。小さい頃トミカていう車のオモチャでブーブー遊んだけど、その気持ちのままハイテンションで車同士ぶつけてみました(笑)みたいなノリが最高。爽快痛快やりたい放題やないか〜い
そしてオチの「嘘つきは泥棒の始まりやで〜」まで非の打ち所がない。映画でここまで遊ばれると気持ちがいい。マッドマックスなんかより展開や脚本の死角のなさも凄え。

はじめっから終わりまで渡瀬恒彦のキチガイさが気持ちよすぎた。こんなドタバタした物語を78分に詰め込む手腕が何より天才。傑作。