松原慶太

浮き雲の松原慶太のレビュー・感想・評価

浮き雲(1996年製作の映画)
3.7
旦那は市電の運転手。女房は老舗レストランの給仕長。しかしフィンランドは折りからの不況で、ふたりともほぼ同時期に職を失ってしまう。

そこからは、職業安定所をたずねたり、転職先でトラブルに巻き込まれたり、一攫千金を夢見てカジノで擦ってしまったりと、ロクなことがない。女房の同僚だった、もとレストラン仲間たちも、アル中になったりとさんざんな様子。

映画はかれらのすがたを、冷酷に、たんたんと、そしてどこかユーモラスに描く。仕事にあぶれた負け組のひとびとを描くのが、カウリスマキは本当にうまいなぁ。

ラストはもとの仲間たちが集い、新しいレストランを開く。めずらしいくらい正統的なハッピーエンド。

ちなみにですが、林芙美子/成瀬の「浮雲」とは直接的な関係はないようです。タイトルだけ借りた感じかな?