広島カップ

サイコの広島カップのレビュー・感想・評価

サイコ(1960年製作の映画)
4.5
前半の持ち逃げ。後半の二重人格による殺人。短編二本分がくっついた渦潮型のチョコバニラソフトクリームみたいな構成です。
二つの全く関係ない事件が共鳴して大きな波を派生させます。
共鳴現象は一瞬「えっ」もしくは「アレッ」と思いますが自然に高振幅のデカイ波になるんですね。“リスーピア“で見ました。
不思議な現象(映画)です。
思う存分監督自身が楽しんでるとしか思えません。ヒッチコックのドヤ顔がスクリーンの向こうに透けて見えます。