サイコの作品情報・感想・評価・動画配信

サイコ1960年製作の映画)

Psycho

上映日:1960年09月04日

製作国:

上映時間:109分

3.8

「サイコ」に投稿された感想・評価

やばいな、時代を感じさせないの、、、
もっと深い所まで観るべきなんだろうけど、私がガキなんだろうな、目がやべえ、位の気付きしか無くて、もっと勉強しますね、出直しますごめんなさい❗
ぬ

ぬの感想・評価

3.9
傑作ですこれ。
60年前にこんな映画を作ることができたなんて本当にすごい。
古畑任三郎のオープニング演出ってワンチャンこれから着想を得ているのか?まあそれは置いておいて。。

誰かの視点のような動き方をするカメラワークが面白い。この映画と言えばシャワーシーンばかりに注目がいきそうだけど、俺的には脚本の作りがすごい好み。まさかここで大きく話を転換するとは。

剥製はこの物語において大きな意味を持っているのか、それともミスリードなのか、…てっきり剥製にでもしてしまうのかと思った俺にとっては、ミスリードに思えてしまった。それにこの脚本も大きなミスリードを誘っているくらいだし。

施設の話をするときの彼が怖かった。
たい

たいの感想・評価

3.7
2021.3.7 24本目

音の印象が強い
途中で大きなシーンがあるため、そこからずっと怖さを引きずった
カメラワークも印象的、決定的なシーンを見せてくれず、観客に想像させる
ぽろり

ぽろりの感想・評価

4.7
なんじゃこりゃ〜🔪
初めてヒッチコック観たけど
めちゃくちゃオモロい
古さなんて全く感じないし、これからいろんなホラーサスペンスが作られたってのが凄くわかる🤔
どんどん予想を裏切る展開
え、あの意味ありげなシーンはなんだったの...?
見事に監督の術中にはまったというか。

昔の映画だからこそなのか、カメラワークもシンプルだし、白黒な分ショックも軽減されて、みやすかった。
当時アメリカで社会現象化したサイコホラー。
傑作でした。めっちゃ面白い
どんな感想や評価もネタバレになってしまいそうで、是非予備知識とか無しに見てほしいのでそれは避けたい。
強いてゆうなら誰もが聞いたことのある効果音を使った名シーンと面白すぎた脚本を楽しんで欲しい。
ヒッチコックの趣味嗜好が全面に出ている。
元祖ホラーって感じ。
冒頭でかなり惹きつけられる。

1960年にこの技術。
Hoshi

Hoshiの感想・評価

3.7
BGMと白黒の感じが妙に怖かった。
底なし沼のポテンシャル高すぎ。

このレビューはネタバレを含みます

初心者五十八作品目!!

【概要】
Amazon prime videoで視聴。
皆さん久っしぶり!
フィルマークスさん久しぶり!!
新垢になっちゃった (笑)

【感想】
背筋凍るクラシックサスペンス!

従来の作品に多大なる影響を与えたであろう本作、とにかく怖さへの追求が計り知れない!
恐怖心煽るop、急な一人称視点、長尺のズームアップ等々……、様々な映像技法を駆使したつくりには思わず脱帽してしまう。
さらにクラシックな作品だということもあり、最強だと認識することが容易いだろう。

かの有名なシャワーシーンには圧巻の一言。
間接的な描写で目のやり場に困らないこと間違いなし!
親の前でも見れるという事実が鑑賞者を感動に導いてくれる。
だが、主人公(?)の女性が巨乳というだけあり、少し淋しい気持ちにもさせられる。名作中の迷作。

結末には賛否両論あるらしいが、個人的には好みであった。
半ば強引な形の終幕であったが、展開の読めなさと見事な伏線で評価するべきと考えた。
結末といえば骸骨だ。古典的作品は骸骨が多用されているイメージがあるが、それは悪魔のいけにえのインパクトからだろうか。

【終わりに】
にしても鏡が気になる!(笑)
ホラーマニア(私は違いますが)の人からしたらそわそわしちゃうくらい、鏡がすんげぇ出てきます(笑)

まだまだ語りたいことはあるけどやっぱ………、
サイコ、最高!!!
>|