yuta

007 スカイフォールのyutaのレビュー・感想・評価

007 スカイフォール(2012年製作の映画)
4.4
あらすじ NATOが世界中に送り込んでいるスパイのリストが何者かに盗まれる緊急事態が発生。英国の諜報機関MI6のエージェント“007”ことジェームズ・ボンドは、リストの収録されたハードディスクを取り戻すべくMの指示に従い、敵のエージェントを追い詰めていく。しかし、その作戦が失敗に終り、組織内でのMの立場も危うくなった上、今度はMI6本部が爆破される事態に。そんな窮地に立たされた彼女の前に手負いのボンドが姿を現わし、首謀者を突き止めるため僅かな手掛かりをもとに奔走する。やがてついにその黒幕が判明、一連の犯行は、Mへの復讐に駆られた元MI6の凄腕エージェント、シルヴァによるものだった。執拗にMをつけ狙うシルヴァとの決死の戦いに挑むボンドだが…。ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの3作目にして007シリーズ誕生50周年記念作となる、通算23作目のスパイ・アクション超大作!


見た感想としては、
ダニエルクレイグ版007では、1番面白かったように思えました。冒頭からのアクションや悪役のラウルシルヴァを演じたハビエルバルデムなど見所はたくさんあるんですが、やっぱりQがいいキャラでした。他にもOPかっけー!とか、コモドオオトカゲこえー!とか色々楽しめる映画です。笑
内容もしっかりしてて、時間を感じさせませんでした。