赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人の作品情報・感想・評価

「赤胴鈴之助 黒雲谷の雷人」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.9
デアゴスティーニ。
赤胴シリーズ第8作目にして、主役交代!赤胴鈴之助役の梅若正二が生意気過ぎて干されてしまったが故の交代劇とのこと。
お陰で青年から少年になり、本来の赤胴鈴之助の設定に近くなった。桃山太郎は確かに美少年になったけど演技はちょっと下手いかなぁ。初々しくて可愛いんだけどね。
そしてしのぶも中村玉緒から他の少女に交代。
鈴之助としのぶが若返ったのに他のメンバーはそのまんまなんだよ。竜巻さんの林成年もそのまま。元々同年代だったのに一気に年の差がついてしまった。また竜巻さんの演技がいつにも増して濃いんだ。
火京物太夫と岳林坊もそのまんま。こっちは活躍が増えてるな。
主役が少年になったので、フォローをするためにベテランの出番が増えたのかもね。

ただ、話としては少しマンネリ感はあるなぁ。
旅先で謎の怪人が暗躍。物太夫と岳林坊が敵側に加参。覆面を被る謎の味方。怪人の正体が実は…。敵アジトがカラクリ屋敷。
と、ある程度ストーリーがルーチン化してる。最後に真空切りで圧勝するのも水戸黄門の印籠と同じだもんな。

徳川家由来の宝石を巡る争いで、敵が雷人と呼ばれる怪物。よくわからない謎の光線を出すがあまり強敵感ないぞ。

新キャストも悪くないのだが、作品としてはちょっと弱いか?