泰造の作品情報・感想・評価

「泰造」に投稿された感想・評価

戦場カメラマン一ノ瀬泰造のドキュメント風映画。キャパや沢田教一の様に写真に命をかけた一人の男が、確かに居た。彼の故郷や母校である日大芸術学部のある江古田界隈などで彼の写真に対する思いを沢山残して、戦場に散った。うまく地雷を踏んではいないけど、戦場で処刑され彼の写真だけが残された。そこに山があるから登る様にそこに撮りたいものがあるから彼は出向いた。数多くの戦場カメラマンを吸引した最後の戦場がベトナムなのかもしれない。