Melko

ドラゴン危機一発のMelkoのレビュー・感想・評価

ドラゴン危機一発(1971年製作の映画)
3.2
父親が大好きなブルース・リー。
というか、アクション好きな男子はみんな好き?

小学生ぐらいの時に燃えよドラゴンをVHSで見て以来のブルース・リー。
この作品初見かと思いきや…、冒頭のジュース?売る屋台のお姉さんの場面が見覚えあって、、まさかの2度目だった…?
リー演じるチョウアンが覚醒するまでがちょいサスペンスほのぼのストーリーだったから、若干拍子抜け…

言わずもがな打撃音がとても軽い香港アクション映画。その中でも、リーのアクションの好きなところは、カメラの方を向きながら、背後から襲ってくる相手にリーチ0で「スパン!」と裏拳をお見舞いするところ(わかる方いるかな…?)
代名詞の怪鳥音と共に炸裂するアクション…だけど初期作だからか、血のりもチープ、受け身の敵役も受け方が中途半端で、まだまだ荒削り。ただ、回し蹴り、飛び蹴り、殴打など、ありとあらゆる方法の単独立ち回りを見せてくれたのは眼福。

丸腰の相手一人に武器持って複数人で襲い掛かったり、
誤解から、一人をハミゴにしたり、なにかと1人vs複数 の構図が使われてたのも印象的。

あと、リー演じる主人公が田舎者だからか、誘惑に弱く、何でもかんでも信じ鈍感すぎるのも意外で、事件の核心に触れるまでがめちゃくちゃ長くて若干助長だった。。

え、まさかの皆殺し?!(驚)