武士道ブレードの作品情報・感想・評価

「武士道ブレード」に投稿された感想・評価

"日米和親条約が結ばれた幕末の日本でペリー提督に贈呈する刀が何者かに盗まれる!その裏には尊皇攘夷派の陰謀が絡んでおり..."というストーリー

三船敏郎、丹波哲郎、千葉真一という日本が世界に誇る名優陣が"黒いエマニュエル"ことラウラジェムサーや「地獄の戦場」のリチャードブーンらと共演

当時としては珍しい日米両国で活躍した"トム小谷"こと小谷承靖監督が手掛けた異色の時代劇アクション映画

何でこんな豪華(?)キャストなのに日本劇場未公開&未DVD化なんですかね

日本人が多数携わっているのでヘンテコ日本描写は控えめ、大量消費文明への批判や精神文化や価値観の違いを力説するシーンは見もの

また実際にGHQ通訳を担当した事のある丹波哲郎の流暢な英会話も堪能できます

殴り合い中に女湯に乱入する小ネタも笑える

余談ですが、あの"ダースベイダー"の声役で知られるアカデミー賞俳優ジェームズアールジョーンズが捕鯨船の乗組員役で出演しています
ふじこ

ふじこの感想・評価

3.1
これを見ると、武士道ってのは奴隷教育だったんだなと思う…
穿ち過ぎ?
ペリー提督(リチャード・ブーン)と
江戸幕府特命全権大使・林復斎
(三船敏郎)の両陣営が、
困難を乗り越え、絆を深める。

日米和親条約締結に際し、
アメリカへ贈呈するはずの
国宝の日本刀が、
尊皇攘夷派の大名・丹波哲郎
の命により奪われた。

「天の怒りじゃ!フハハハ!」

コレを奪還するため、
千葉真一、マコ岩松らと
共同戦線を張る、3人の
アメリカ水兵。

日本人女性と愛し合ったり、
無理矢理サムライにされたり、
相撲で友情を分かち合ったり、
日本名物・城が崩れる程の
大地震に見舞われたり
しながら、最後には…
(※↓コメント欄にネタバレ)
のだった。☆

今作での千葉ちゃんは、少々
影が薄いかな?
マコは、やはり素晴らしい。♪

あと、特撮系ドラマの怪力男
役でおなじみの、大前均が
力士として登場。

しかし特筆すべきは何と
言っても、今作が遺作となった
天津敏・最後の勇姿!
ありがとう、ビンさん…!☆

見応えのある作品だった。
DVD・BD化が望まれる。