1980年製作のおすすめ映画 597作品

1980年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、スタンリー・キューブリック監督のシャイニングや、スティーヴン・スピルバーグが出演するブルース・ブラザース、スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

シャイニング

上映日:

1980年12月13日

製作国:

上映時間:

119分

ジャンル:

3.7

あらすじ

冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが…。

おすすめの感想・評価

書けない作家は何を見たか? 原作スティーブン・キング スティーブンキングといえば、スタンド・バイ・ミ- ミザリ-等が…

>>続きを読む

在宅勤務が多くなった折、再見したら気づいてしまった。これは… 「在宅勤務中のお父さんには近寄るな!」 っていうホラーで…

>>続きを読む

ブルース・ブラザース

上映日:

1981年03月28日

製作国:

上映時間:

133分
3.9

あらすじ

アメリカの番組「サタデー・ナイト・ライブ」の人気コーナーをベースに映画化。生まれ育った孤児院のピンチを救うために、ブルースブラザーズの二人がかつての仲間を集めてバンドを再結成し、奮闘するミ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

子供の頃テレビ放送だったか、父と母がこの映画で盛り上がってたのをよく覚えてる。 そして私も今になってようやくちゃんと…

>>続きを読む

いや~もう最っ高~!!! 楽しかった~~~! なんで今まで観なかったんだろう、、、 ところで一体コレはどんなジャンル…

>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

上映日:

1980年06月28日

製作国:

上映時間:

124分
3.8

あらすじ

デス・スターを破壊された帝国軍は反乱軍を容赦なく追い続けていた。反乱軍が氷の惑星ホスから撤退すると、ルーク・スカイウォーカーは惑星ダゴバに行く。そこには隠れ暮らしていた伝説のジェダイ・マス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

【愛してる】【分かってる】 SWマラソン2作目🚀🌍👾🐝🪐 あの、正直に白状します! 実はこのシリーズを観たこと…

>>続きを読む

物語をつくるとき大変なのは、スタートさせるときと、終わらせるとき。キャラの確立、設定の紹介、エピソードの回収とか、やる…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

"負のロッキー" 怒れる雄牛の異名を持つボクサージェイクラモッタの全盛期とその後の転落を描く。ストーリーというより…

>>続きを読む

【過去鑑賞作品 72】 〈目鼻の先に飛びかかる「怒れる牡牛」と呼ばれた男の生き様〉  『ロッキー』がつくりだしたボ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

妊婦が象に襲われてもエレファント・マンにはなりません。 古い作品なのでご存じない方のほうが多いと思いますが、かつて日…

>>続きを読む

難しい。 このような作品は感想を文字・言葉として形にするのが非常に難しい。 まだこの作品を鑑賞していない人へ向ける…

>>続きを読む

ブルース・ブラザース エクステンデッド版

製作国:

上映時間:

148分
4.4

あらすじ

【概要】 148分のエクステンデッド版。 上映時間;エクステンデッド版 148分/劇場公開版 133分 アメリカの番組「サタデー・ナイト・ライブ」の人気コーナーをベースに映画化。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

こちらは外出自粛前に買ったコレクターズエディションDVDにて鑑賞。 ジェイクとエルウッドこと”ブルースブラザーズ”が…

>>続きを読む

パーマネント・バケーション

上映日:

1986年07月18日

製作国:

上映時間:

75分

ジャンル:

3.6

あらすじ

ニューヨーク大学大学院映画学科での卒業作品として制作した、16ミリ長篇デビュー作。81年のベルリン国際映画祭をはじめ世界各国の映画祭で絶賛された、カリスマ監督ジャームッシュの原点。ニューヨ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

『ぼくの旅は永遠の休暇なんだ』 さすがはジム・ジャームッシュ先生。渋くも美しい映像は素晴らしい。どのシーンを切り取っ…

>>続きを読む

鬼才、ジム・ジャームッシュ監督が描き出した至高のニヒルドラマ、『パーマネント・バケーション』(1980)を鑑賞しました…

>>続きを読む

震える舌

製作国:

上映時間:

114分

ジャンル:

3.5

あらすじ

郊外の団地に三好昭と妻の邦江、娘の昌子の三人家族は住んでいた。その付近には、まだ葦の繁みがあり、ある日昌子は湿地の泥の中を蝶を追って捕虫網をふりまわしていた。数日後、母の邦江は昌子の小さな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヤベー映画でした。 もう、泥んこ遊び一生できない… そんな遊びする年齢でもないけど。。 いつ誰がなってもおかしくな…

>>続きを読む

先ほどの投稿、あとで追記しようと思ったら投稿ごと削除してしまいました…。いいねしてくださった方々すみません! 邦画鑑賞…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

南極で生活している僅かな人々だけを残して、ウイルス兵器により、人類が滅亡する物語。 生き残った人々が力を合わせ、生き…

>>続きを読む

映画は、時代を写す鏡と言う言葉を象徴する様な作品だが、改めて当時の日本映画製作の凄さを感じると同時に、これだけのものを…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

蛇殺し、予言者、土砂降り、揃わない人数、不吉な予感しかしないのに全く気にすることなくとにかく服を脱ぐしとにかく一人にな…

>>続きを読む

子供の頃に、父親と家でVHSを観た記憶以来に観たのかな。 25年ぐらい前のことだろうか。あの時も指の隙間から恐る恐るし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

音楽大好きのアラン・パーカー監督が作った音楽青春群像劇です。2009年にリメイクされましたが、こちらがオリジナルです。…

>>続きを読む

『徒労』がテーマの映画です。 アランパーカーが撮るとフラッシュダンスはこうなるのかっ!みたいな作品。 全てが…全てが……

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

多くの人を喜ばせ、困惑させる罪深い作品😂🤣😂🤣 この作品でジョン・カサヴェテス監督を知って、過去の作品を観ると困惑す…

>>続きを読む

〈「母親」の衣を身にまとった、子連れ狼グロリアの生き様〉  二郎系の大将が、そのダシで王道の豚骨醤油をつくったような…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

アカデミー作品賞🏆️ 当時、何度も地上波で放送してた80年代の名作✨ 今観ると、圧倒的な80年代の雰囲気の良さや、常…

>>続きを読む

ずっと以前から、この映画を見よう…って思っていたのに、やっと今に至る… たまたま、録画していた作品にあったので、鑑賞…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

いや、割と普通の映画じゃないか、というのが約4年前に観た時は訳がわからず途中リタイアを喫した自分の驚き。奇想天外な演出…

>>続きを読む

桜色の骨 原田芳雄さんの毒と色気と熱量。 独特な世界観 痴美 官能 甘美 どの言葉が適切なのかわからない。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フェリーニさん。 行っちゃうとこまでいっちゃってるな。 女の都と男の都。 というより、反男根主義の国と男根主義の国。 …

>>続きを読む

フェリーニ作品でお馴染みのマルチェロ・マストロヤンニが、美女たちに囲まれる楽園で甘いひとときを過ごす物語を想像していた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「マニアック」 冒頭、ビーチに寝転ぶカップル。誰かの視線、不穏な空気、断末魔の叫び、殺人、血塗られたナイフ、街の娼婦…

>>続きを読む

シリアルキラー、マニアックの哀しき生き様。 被害者側に視点を置き、殺されると次の被害者視点へと移っていく1話完結ドラ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

村川透監督と松田優作の黄金コンビが、日本文学史に残る傑作ハードボイルド小説を映画化した作品、『野獣死すべし』(1980…

>>続きを読む

2020-031-031-000 2020.2.1 新宿武蔵野館 Scr.3 松田優作に魂を鷲掴みにされた作品です。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

東海岸を出発し、西海岸のカリフォルニアまで5000キロを走破する公道レース『キャノンボール』。 ルール無用、妨害自由…

>>続きを読む

私はKYです! KYといっても空気が読めないんじゃなくて、 可(K)愛くて優(Y)しいからKYです💖 私はネトウヨに…

>>続きを読む

狂い咲きサンダーロード

製作国:

上映時間:

98分

ジャンル:

4.0

おすすめの感想・評価

石井岳龍監督による大学卒業制作のインディー映画でありながら全国公開までなされた、架空都市「サンダーロード」を舞台に、新…

>>続きを読む

何かわかんないけどむちゃくちゃかっこいい… 石井岳龍監督の大学卒業制作として発表された自主制作映画 幻の街 サンダ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ジャケットにあるように、赤いイメージ背景、黒いシルエット、そのグラフィックを観たかったので鑑賞しました。 お話は、死…

>>続きを読む

[滅びの美学]  滅びの美学というのだろうか。武田信玄の最後と、その影武者として、成り切って、そして捨てられていく…

>>続きを読む
>|