シャーロック・ホームズ/四つの署名の作品情報・感想・評価

「シャーロック・ホームズ/四つの署名」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

所有の「シャーロック・ホームズ」のビデオ。ジェレミー・ブレット版が、ずら―っと並んでいる棚に、1本だけあった「イアン・リチャードソン版:四つの署名」字幕スーパー版を観賞。

開始10分程で、インドの財宝強奪事件、その財宝を巡っての一連の殺人事件等々が一気に捲し立てられる。犯人であるスモールもここで登場。後は謎解きを残すだけ。

ワトスンと共に出掛けるホームズ。ワトスンに「狩りの仕度は万全かい?」さらに含み笑いで「ゲーム開始!!」

サディアス殺害現場で虫眼鏡片手に観察と推理をするホームズ。犯人はスモール(義足の男)とトンガ(アンダマン島人・小人)だと断定。後からやって来たレイトン警部の的外れな捜査に笑いを噛み殺したり、さり気なくヒントを与えたりするホームズ。とぼけた表情が面白い。

船探しにイレギュラーズも登場。足取りを追うためにホームズも爺さんに変装。襲ってきたトンガをバリツでやっつける。

遊園地で犯人二人を追跡中、メリーゴーランド→お化け屋敷→ミラーハウスへ。最後は船で追い詰め逮捕。ベイカー街221Bでスモールの尋問と事件の謎解きで終了。

原作ではコカインだが、この作品では煙草の灰から銘柄を見分ける研究になっている。門番のくだりとホームズの料理はバッサリと割愛されてたし。

パッケージによると[英国・映画][劇場未公開作品]とある。日本では未公開?なんでだろう?テレビだったのか?トンガの設定が「人食い男」で、飼育されて生肉を食らうシーンがあるからだろうか。
蛇足→イアン・リチャードソン。2000年の「コナン・ドイルの事件簿」ではMr.ベル役。