悪魔の棲む家・完結編の作品情報・感想・評価

「悪魔の棲む家・完結編」に投稿された感想・評価

~アミティヴィル悪魔事件ファイルXX~

『悪魔の棲む家』シリーズ第4弾*☆

悪魔が電気スタンドに乗り移り、次女を操り一家を恐怖に陥れる…!!!

今度は、例の家が舞台じゃなかった。その家で使ってた家具(電気スタンド)に悪魔が乗り移って他の家族へ贈られるという設定。

で、もの凄く面白かった!!!!!

本作の監督・脚本は、最近観た『サイコ・シンドローム』や、本シリーズのオリジナル『悪魔の棲む家 (1979)』でも監督や脚本を務めるサンドール・スターンさんっ!!

はぁ…♡期待通りでしたね。

最近のアクティブなオカルトホラーって、角の生えた悪魔などが姿を現しちゃうのが一般的になってる気がするんだけど、私の場合、そういうのを控えた作品が本当は好みなんだよね。心霊現象だけで一つの映画を埋め尽くして欲しい。

本作は悪魔の全体像は一切姿を見せない。その邪悪な存在を示すことだけで、ここまで面白い作品ができるんだから凄いというもの。

ポルターガイスト現象を中心に、悪魔の邪悪なパワーが宿った奇妙な形の電気スタンドをシンボルとして様々な怪奇現象を引き起こしていく。

"何かがおかしい"っていう雰囲気がだんだん強くなって、ハエが大量にたかったり、水道から黒い水が出たり、電気が勝手にショートしたり…。家にあるアイテムが異常をきたす。まさに屋敷ホラーの醍醐味とも言える心霊描写がてんこ盛り!!

こういうの大好きすぎる…!!!!!
完全に私好み。

それから、オカルトホラーに出てくる神父様って、おじさんかおじいちゃんなイメージがあるんだけど、本作では若めなのがまた良い♡もちろんクライマックスは悪魔のライトと対決。神父様の本領発揮!!

だけど加勢する おばぁちゃまも神父様に負けてなかったなぁ~♪おばぁちゃま強くて頼れるの素敵☆

ラストの次に繋がりそうな"悪い予感"も最高。最初から最後まで丁寧に作られてて素晴らしい。

正統派オカルトホラー。

大変、大変良作!!!!!

国内Blu-ray化 求む…っ♡♡♡

*☆Keyword*☆
『キティーキティーキティ~♪』