ヒッチャー2004の作品情報・感想・評価

「ヒッチャー2004」に投稿された感想・評価

ノッチ

ノッチの感想・評価

1.5
幸せな生活を送っていたチャールズが、帰宅途中に出会ったひとりのヒッチハイカーは、どこまでも獲物を探し続ける恐怖の殺人鬼だった。

名作『ヒッチャー』のパチもん。

何この映画。

出演者が豪華なのに内容が薄っぺらい。

怖くもないし。

そして『ヒッチャー』とは何の関係もない。

ヒッチハイカーによる殺人ということのみが共通しています。

そしていろんなところでお粗末。

話が進めば進むほどお粗末となり、殺人理由もどこかで必ず聞くような、ありきたりな代物です。

日本語訳がダメダメなのかわからんけど、逆に分かりにくくない?って感じの変な言い回しがいっぱいあるし、その反面無駄に展開が早すぎるときがある。

乗った車がほんの数秒でガス欠て。

あと、殺し屋が無能すぎる。

殺し屋としての迫力も全然ないし。

ちなみに、ジャーソン・シモンズの名前が予告編に出てましたけど、ラストシーンにちょこっとだけ登場しますよ。

単なる脇役です。

ジェイミー・ケネディも出てきます。

あっという間に消えていきますが・・・。

総じて、C・トーマス・ハウエルの『ヒッチャー』以下であることは言うまでもありません。

でもまったく観れない映画ってわけでもないから口惜しい。

知らない人を車に乗せてはいけない。

逆に乗るのもダメ。

約束です。
 妻の一方的な別れの申し出に原因が主人公(夫)にあるのではないかと観せていく。ギャンブル、タバコ(禁煙)、浮気性?・・・etc 仕事はやりがいがあるとし順調そうだが、我が強すぎる面も垣間見られる。自分の思い通りに行かないものは・・・ こういったところから襲われる原因が彼にあるのか、そうではなく単に無差別なのかといった混乱させようとする流れはよかったと思う。