フラッシュポイントの作品情報・感想・評価

「フラッシュポイント」に投稿された感想・評価

HK

HKの感想・評価

3.5
これは『ボーダー』(81)や『ボーダーライン』(80)といった国境警備隊主人公の映画の中でも異色作で、個人的には傑作。密入国防ぐべくレーダー埋め込み作業命じられてくさくさしていたらクリス・クリストファーソンがジープと白骨死体、さらに80万ドルの紙幣を見付けてこれはなにか?息子のように付き合ってるバディのトリート・ウィリアムズと謎を追ううち気が付けば何者かに狙われていたのだ。その何者かがどこに潜んでいるか分からないという不気味さは例の暗殺事件と当然のことのようにリンクするが、原作は『パニック・イン・スタジアム』(76)のジョージ・ラ・フォンテインということで一貫している。ところでここにコメント寄せてるのが俺と山崎くんだけなのには苦笑するしかない(笑)