とし

クロニクルのとしのレビュー・感想・評価

クロニクル(2012年製作の映画)
3.0
高校生である主人公達が、偶然にも超能力を得て、最初はイタズラ程度だったものが次第にエスカレート。そしてある事件をきっかけに、主人公達の仲はこじれ、次第に歯車が狂っていく…といった内容のSF映画ですね。予告編を偶然観て、面白そうだと思って観てみました。

POVショット(登場人物の視点で撮影し、映画を観ている人も現地にいるような気分にさせる…あれの事です)で話が進行していくのですが、途中から主人公が超能力で空中に浮かせて撮影しちゃうので、この方式でよくある『撮影者が写らない』『手振れで、観ていて酔いそうになる』という問題を克服してるのは、見事だと思います。しかも、主人公の精神的内面も反映するといった部分もあるという…いやぁ、考えてますねぇ。

主人公が金を得る為に、超能力を使い犯罪を犯すシーンは、観ていて「もっと他に上手い方法あるのに」と思っちゃいますが、主人公は高校生だし、そこまで計画的に行動する方が無理なのかとも思えますねぇ。

ところで、主人公を止めようとする友人との超能力全開のバトルシーン…あれ、なんてドラゴンボール(笑)?