カテリーナ

魔女の宅急便のカテリーナのレビュー・感想・評価

魔女の宅急便(2014年製作の映画)
3.0

『魔女の宅急便』のアニメが大好きなので
実写版に興味はあるもののガッカリするのが嫌なので今まで放っておいたがそんなに悪くは無かった
アニメでは重要なキキと友情を育み立直りのきっかけをくれる絵描きのウルスラは実写版では登場しないし、ストーリーも大幅に
変更されている ただ、概ねのベースになってる知らない土地で一人で1年間修行するというテーマは変わらない
ウルスラの代わりになるのは誰なのか?
また、老婦人の代わりはとか色々考えながらの鑑賞
アニメでは
お巡りさんに心を痛めていたが実写版では小さな動物園の飼育員があんなに可愛くて健気なキキに向かって「おい、魔女!どんな呪いをかけたんだー」って凄い形相で怒り狂ってキキをいじめる
何かとキキを目の敵にする怖いニイちゃんを新井浩文が怪演
キキを演じてる女の子は新人
発声の基本とかしっかりしてたので
明るく ハキハキとそして少し生意気な感じがよく表現されてました
だから心の機微も読み取れるので落ち込んだり、元気になったり、勇気を出して
嵐の中を飛び立つ時の決意した表情とか
ちゃんと伝わってきた

アニメの壁をなんとか越えようと努力してるのが垣間見えて好感がもてたが
冒頭の空を飛ぶCGは残念
あからさまにはめ込んだ感丸出し
そこはアニメを越えようと努力する所じゃない
逆に実写ならではの良いところは衣装。
いい意味で手作り感満載でデザイナーの
趣味の良さを感じる
特にオソノさんのマタニティドレスが可愛い インテリアもカントリー調に統一されていてどこか西洋の匂いもあって素敵 美術が◎
最後にもう一つあの歌手はいらない
女優に口パクさせれば良かった
まるで素人で見るに耐えなかった。