とし

STAND BY ME ドラえもんのとしのレビュー・感想・評価

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)
3.0
ドラえもんの映画で、CGで作製されています。原作の話を何作か、再構築した内容でした。子供の頃はドラえもん大好き少年だった私は、どの話も当然読んだ事があったので…残念ながら、ドラ泣きには至りませんでした。多分、コミックとか読んだ事無くて、いつもの能天気なのび太しか知らない人は、のび太の成長振りに感動するんだろうなぁ。うんうん。

一番感動するんじゃ無いかと思われる、「さようならドラえもん」のエピソードに関し、私も子供の頃にコミックを読んで感動して涙しまして。母親に「絶対感動するから!」とコミックを読ませたのですが、その感想は…「うん?感想?んー…漫画だしねぇ…」でした。かなーりショックを受けたのは今となっては良い思い出…にはならないよね、やっぱ(笑)。

しかし今観ると、ドラえもんって凄い話だよねぇ。『刷り込みたまご』で静香ちゃんを好きにさせる話とか…それって、洗脳って言いませんか?自分の幸せの為になら、何をやっても良いのか?!他人の人生を何だと思ってるんだ、未来の人達は(笑)!